京口紘人はマッチルームと契約3団体統一戦がみえてきた

 WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人の統一路線が整ってきた。GBP(ゴールデンボーイ・プロモーションズ)は所属するWBO王者エルウィン・ソト(メキシコ)とIBF王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)の統一戦交渉を明かした。マッチルーム・ボクシングと契約した京口は3月に勝てば3団体統一戦のチャンスが回ってきそうだ。

Sponsor Link


Sponsor Link

 

ソト対アルバラードの統一戦は4月か5月

 米大手ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)エリック・ゴメス氏は「エルウィン・ソトとアルバラードの統一戦に向け協議している」。と京口のライバルになるWBO王者エルウィン・ソト(メキシコ)とIBF王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)の統一戦に向け交渉していることを明かしている。

京口、3団体統一戦は9月か


 上手くセットされれば9月頃だろうか。ソト、アルバラードが4月か5月に設置され、上手くいけば3団体統一戦は9月頃にセットされるだろう。3月、米国でデビューする京口は勝利すれば統一戦が組まれる可能性が高い。

 ソト、アルバラードはGBP傘下で同じDAZN(ダ・ゾーン)と提携関係にあるマッチルーム・ボクシングと契約を結んだ京口紘人の統一戦はまとめやすいからだ。京口はマッチルーム・ボクシングと契約しチーム・カネロの一員となり3月に米テキサスでアメリカ・デビュー戦が決まっている。

 京口のマッチルーム契約は、「DAZNマッチルーム日本進出か!村田諒太のメガファイトを占う」の記事を読んでほしい。

 上手く事が進めば9月メキシコの独立記念日の週末に計画されるサウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)対ビリー・ジョー・サンダース(英)戦の前座か。何れにしても、マッチルームを率いるエディ・ハーン氏は所属するボクサーをプロテクトするようなことはなく、両陣営が臨めばビッグ・イベントのアンダーカードにセットされる可能性は高い。

 統一戦がみえる京口の米デビュー戦はいっそう勝ち方が重要になってくる。米国デビュー戦を楽しみに待ちたい。3月13日米デビュー戦の記事は、「京口紘人米国デビュー戦の相手はアクセル・アラゴン・ベガに決定」こちらを読んでほしい。

Sponsor Link

関連記事

DAZNマッチルーム日本進出か!村田諒太のメガファイトを占う

京口紘人米国デビュー戦の相手はアクセル・アラゴン・ベガに決定

Sponsor Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください