ウェルター級期待の新人ボカチカ対フラズ

 ウェルター級プロスペクトの1人、ジャネルソン・フィゲロア・ボカチカ(米)がニコラス・フラズ(プエルトリコ)と対戦し2度のダウンを奪いTKO勝ち。ボカチカは、16戦全勝11KO、負けたフラズは11戦9勝(7KO)2敗1KOとした。

Sponsor Link

ボカチカ、ウェルター級期待の新人 戦績

名前:ジャネルソン・フィゲロア・ボカチカ
年齢:21歳
出身:米ミシガン
身長:178cm
リーチ:183cm
オーソドックス

プロ戦績:15戦全勝10KO KO率58%
アマチュア戦績:-
2012年全米PAL選手権 優勝

 もっとも競合が集うウェルター級、プロスペクトの1人が、ジャネルソン・フィゲロア・ボカチカ(米)だ。Showtime(米ケーブルTV)がしかける”THE NEW GENERATION”シリーズに登場。メインにはアマチュア時代にも戦ったチャールズ・コンウェル、ブランドン・リーが出場した。

 デトロイト出身のボカチカはプエルトリコにルーツを持つ21歳。ボクシングに関心をもちはじめたのは8歳の頃。父親にボクシング・ジムに連れてこられたのがはじめ。ボカチカは「ジムで開催されたトーナメントで全員をうちのめしたことを思い出したよ」。と幼少時代を回想。アマチュアでは、2012年全米PAL選手権で優勝している。

全米デビュー戦は派手なKO

 米国でメジャー中継局の1つShowtime(米ケーブルTV局)のデビュー戦で存在感を示せたことはまちがいない。New Generationシリーズは若手有望株の登竜門だ。ShoBoxシリーズから75人のチャンピオンが誕生している。

 1ラウンドからフラズが攻勢をしかけるが、開始早々にボカチカの右ストレートから左フックのカウンターが火を吹くとフィニッシュまで時間はかからなかった。切り返しの左フックでダウンを奪うと右オーバーハンドでフラズの膝をおるとペースを完全に支配した。

 オーバーライトからカウンターを左フックをかすめるとさらに同様のコンビネーションをたたみかけ左フックで2度め目のダウンを奪った。立ち上がったフラズに左右の連打を浴びせ、フラズがグラつきもたれかかるように膝をつくとレフェリーが試合を止めた。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください