ロマチェンコ対ロペス観客動員!米ボクシング観客動員復活の兆し

 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でスポーツ・イベントの観客動員が行われなかった米国で、規制緩和の動きが広がり観客を動員してのイベント開催に復活の兆しがでている。10月以降のプロ・ボクシング・イベントがどうなるかみてみよう。

 新型コロナウイルス感染の中心地となった米ニューヨークや、カリフォルニア州ではスポーツイベントは無観客試合だが、米ネバダ州では50人から250人までの集会を承認。米テキサス州では、MLB(メジャーリーグベースボール)が今季はじめて観客を迎えて公式戦を開催する。

Sponsor Link

米ネバダ、テキサスで規制緩和

 ネバダ州では10月1日より、規制が緩和されコンサートやイベント開催の回復に向けた動きがはじまっている。ネバダ州はコロナ禍となり50人以上の集会は禁止されていたが、250人までの集会まで認めた。大型の会場であっても申請しガイドライン次第で州の承認をえれば開催することができる。

 ガーボンタ・デービス(米)対レオ・サンタ・クルス(メキシコ)がテキサス開催となったのはMLBがテキサスで観客動員を決めたからだろう。テキサス州は定員の最大50%の開催を認めていたが、MLBは無観客で開催。テキサス州知事と観客動員時期を探っていた。

 米国現地時間9月30日、MLBはテキサス州アーリントンで開催するナ・リーグ優勝決定シリーズとワールドシリーズで観客を動員することを発表。1万1500枚のチケットを販売し、観客は州が許可している50%を大きく下回る3割り程度に抑え動員する。

ロマチェンコ対ロペス


試合会場:米ラスベガス
日程:10月17日

 10月、最も注目されているのがWBA・WBO世界ライト級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)対テオフィモ・ロペス(米)によるライト級王座統一戦だ。ネバダ州の規制緩和で250人、条件によって1000人まで観客を集めることが可能となるが、興行主催のトップランク社ボブ・アラム氏はチケット販売はせず、スポンサーや関係者に提供すると話している。

 10月1日から規制緩和となったが、2週間後に迫った試合日程を動かすことは、ボクシング以外にも多くのスポーツ・コンテンツを提供するESPN(米スポーツ専門チャンネル)と調整することは難しかったのだろう。試合会場は米ラスベガスにあるMGMグランド内のカンファレンス・センターで行われる。

デービス対サンタクルス

試合会場:米テキサス、アラモドーム
日程:10月31日

 当初、米コネチカット州アンキャッスルで無観客開催の予定だったが、米テキサスにあるアラモドームで開催する運びとなった。ホスト局Showtimeは、米ロサンゼルスにあるディグニティ・スポーツ・ヘルスパークで開催を探ったが、無観客開催しか認められていなかった。

 10月24日の日程は10月31日に変更。変更したのはUFCが日程を24日に合わせてきたからもあるが、24日はテキサス大学サントントニオ校の試合が決まっておりアラモドームに空きがなかったという事情もある。当日は、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の規定に従い感染拡大予防策が敷かれ開催される。

関連記事はこちら

スペンス対ガルシア

試合会場:未定

 11月21日に控えるのがIBF・WBC世界ウェルター級統一王者エロール・スペンスJr.(米)対ダニー・ガルシア(米)の一戦だ。会場は未定だが、テキサス、ラスベガスで規制が緩和されたことで、観客を動員して開催する可能性は高い。

 会場は、スペンスの地元米テキサスにある大型スタジアムのアラモドームやAT&Tスタジアム。米ラスベガスのT-Mobileアリーナ、2020年夏に新設されたレイダースの本拠地アレジアント・スタジアムなども候補になりそうだ。収容能力のある大型スタジアムであれば、仮に50%に観客を抑えたとして座席数が多くチケット収入は多く見込めるだろう。

 もともと、2020年1月米ラスベガスで開催する運びだったが、スペンスの事故により延期となり、新型コロナウイルスの影響でさらに延期となった。PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)で挙行され米FOXがPPV(ペイ・パー・ビュー)配信する。

フューリー対ワイルダー再戦

試合会場:米ラスベガス アレジアント・スタジアム

 2021年内に開催できるだろうか。当初、2020年7月に基本合意されていたが新型コロナウイルスの感染拡大で日程が延期となっていた。興行を主催するトップランク社ボブ・アラム氏は、チケット収入が見込めるだけに開催時期をワイルダーをプロモートするPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)と協議している。

 12月19日開催に向け交渉が進んでいたが、新型コロナウイルスの感染拡大で開催が遅れていたカレッジフットボールの試合が行われるため断念。2020年内に開催する意向を示しているが、適切な日程を確保できるか懸念されることは多い。

 会場は、2020年10月に米ラスベガスに新たに建設されたNBAレイダースの本拠地となるアレジアント・スタジアムが有力視されている。ネバダ州は250人までのイベントを許可。250人毎に分割すれば1000人までの参加が認めらる。大規模イベントは州による承認が必要となっている。

関連記事は、こちらから。

Sponsor Link

関連記事

ガーボンタ・デービス、サンタ・クルス戦が決定2人の戦績から試合予想を展望する

井上尚弥、デービスの防衛戦TV中継はWOWOWが生中継することが決定!

トップランク、フューリー対ワイルダー再戦日程を変更

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください