タイソン・フューリー次戦12月5日の候補はアギト

WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英)をプロモートするフランク・ウォーレン氏は12月5日、英国で選択防衛戦締結に向け交渉を進めていることを明かした。ウォーレン氏は「タイソンは12月5日に戦う」と述べ、対戦候補にアギト・カバウェル(ドイツ)/20戦13勝無敗をあげている。

 まだ、合意してないもの24時間以内にアギト陣営がサインしない場合、フューリーと同じトップランク傘下のカルロス・タカム戦に方針を転換するとしている。フューリーは、トップランク社が共同プロモートしているが、この日、ESPN(米スポーツ専門チャンネル)が中継するかは不明。英国は新型コロナウイルス(COVID-19)の新規感染者が予想を上回るペースで拡大していることから政府はロックダウンすることを発表。無観客試合となりそうだ。

 タイソン・フューリーは、デオンテイ・ワイルダー(米)との第3戦に向け交渉が進められていたが決裂。フューリー陣営は、再戦条項があったが契約期限切れを主張。年内に選択防衛戦を行う方針を示している。一方、ワイルダー陣営は再戦契約は有効だと主張。訴訟を起こす構えを示している。

Sponsor Link

フューリーの関連記事

フューリー対ワイルダー3戦目の再戦2020年内案は消滅

トップランク、フューリー対ワイルダー再戦日程を変更

トップランク、フューリー対ワイルダー再戦を12月19日に計画、開催できるのか

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください