クロフォード、ブルック戦の平均視聴件数は202万9000件を記録!

 ”フィニッシャー”としての存在感を強めたテレンス・クロフォード(米)。ESPN(米スポーツ専門チャンネル)が11月米ラスベガス、MGMグランド・カンファレンスセンターで中継したケル・ブルック(英)戦の視聴件数がピーク207万8000、平均202万9000件に到達したことが分かった。ESPNがクロフォード対ブルック戦まえに北米で人気のあるカレッジ・フットボールを中継したことが平均視聴を押し上げた理由の1つだろう。

Sponsor Link


Sponsor Link

クロフォードの試合では歴代2位を記録

 ブルック戦の視聴率はクロフォードのキャリアでは歴代2位をマーク。1位は、2018年10月故郷ネブラスカ州オマハで行われたデビッド・ベナビデス(米)戦で記録したピーク280万件、平均224万5000件。前回、2019年12月米ニューヨークで行われたカバラウスカス戦の平均視聴は148万1000件だった。

ESPNでは最大の平均視聴をマーク

 平均視聴件数は2018年12月ロマチェンコ対リゴンドー戦の興行で記録したESPN全体の平均視聴175万8000件を大きく上回った。

 ロマチェンコ対ロペス戦の最高視聴件数は289万8000人、平均278万9000人だったが、ESPN全体の番組の平均視聴率は153万4000人だった。

Sponsor Link

クロフォードの関連記事

【週末結果】クロフォード、フランコ戦振り返りPFP、裁定はどうだったのか

【結果速報】クロフォード対ブルック今後はどうなるのか

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください