WBCヘイニー対ライアン・ガルシアの指名戦を近く指令

 WBC(世界ボクシング評議会)が近くWBC世界ライト級王者デヴィン・ヘイニー(米)と暫定王者ライアン・ガルシア(米)に対し統一戦の指令をする見通しであることがわかった。

Sponsor Link

ガルシアはデービス戦に関心

 ガルシアがヘイニーではなくデービス戦に関心をもつのも無理はない。まだ知名度不足のヘイニーよりデービス戦にカジを切ったほうがビッグ・ファイトになるからだ。

 デービスは10月メキシカンの人気者レオ・サンタ・クルスとキャリア初のPPV(ペイ・パー・ビュー)戦を締結。サンタ・クルスをアッパーで沈め大きな注目を集めた。PPVは22万5000世帯と市場予想を上回った。

 デービス戦が締結すればビッグ・ファイトになるが、デービスはShowtime(米ケーブルTV局)という強力なサポートがついている。GBPはDAZNと提携している関係で交渉の不安は残る。もちろん、締結に向け障害がないのはデヴィン・ヘイニーとの統一戦だが、ディフェンシブなヘイニーとガルシアのかみ合わせは良くない。ガルシアを抱えるGBPはどうやってガルシアをスターダムにの仕上げるか注目したい。

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください