リナレス戦が決まっていたガルシアは7月4日DAZN無観客試合が濃厚?!

 次世代のアイドル、ライアン・ガルシア(米)の次戦は米メディアによると、アメリア合衆国の独立記念日にあたる7月4日に計画されていることがわかった。中国から発生した新型コロナウイルス(COVID-19)がパンデミック(世界的流行)となって以来、米国で最初のボクシング・イベントになるだろうか。

 ガルシアは7月米ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターでホルヘ・リナレス(ベネズエラ)戦が具体化していたが、リナレスは米国外にいるため対戦相手が変更となる可能性が高い。DAZNが中継し無観客イベントとして計画されているという。

Sponsor Link

photo by:boxingscene


 中国で発生した新型コロナウイルスは世界中に感染が拡大しスポーツに深刻な影響を与えている。米国ではコロナウイルスは軽視されていたが、感染が拡大した影響でプロ・ボクシングのイベントは軒並み延期や中止に追いやれ3月からストップしている。

 ボクシングを中継するDAZNは大きな打撃を受けている。世界中のスポーツ・イベントが延期や中止に追いやられ先行きが全く見えなくなった。DAZNは各スポーツ・リーグへ放映権料を支払わない旨を通知。従業員のレイオフも近く実施と新型コロナウイルスは大きな影響を及ぼしている。

 DAZNの他にもTopRank(米有力プロモーター)もイベント再開を探っている。まだ、具体化した情報はないもの米メディアによると6月に無観客試合としてイベント再開に向け動いている。

Sponsor Link

関連記事

DAZN新型コロナウイルスにより放映権料は支払わない意向

リナレス、ロマチェンコとの再戦を熱望ライト級トップ戦線はどうなるのか



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください