パッキャオがコロナウイルス感染者と接触し自宅隔離

 プロ・ボクシングで6階級を制覇し現WBA世界ウェルター級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が新型コロナウイルスで陽性反応が出た政治家と接触したため、自宅隔離中であることが分かった。米ボクシングシーンによると、パッキャオは韓国の新型コロナウイルス検査の簡易テスト・キットで検査し陰性だったという。

 ABC-CBNによれば、フィリピンの上院議員をつとめるパッキャオは現地時間25日、新型コロナウイルスで陽性反応を示したアキリーノ・ピメンテル上院議員と接触があったという。地元の保険当局はパッキャオと家族に対し隔離生活を要請したという。

Sponsor Link

photo by:boxingscene


 パッキャオは「身体に異常を感じたりすることはないですが、家族や母国のために検査を受けたいとおもいます」と話している。パッキャオが新型コロナウイルスの検査に使ったキットは韓国で使われているものでフィリピンでは正式に認可されていないため、今後は新型コロナウイルスの正式な検査を受ける予定。

 世界中で拡大が感染した新型コロナウイルスは、フィリピンでも感染が拡大している。一日の感染者の増加は3桁を超え、感染者数は1000人を超えた。上院議員のパッキャオは、中国のアリババから5万7699個のコロナウイルス検査ケットの提供や、数千枚のマスクを調達し感染拡大に努めていた。

 パッキャオは、7月にもリング復帰へ向け交渉が進められていたが白紙となる公算が高い。中東サウジアラビアでマイキー・ガルシア(米)とビッグ・ファイトの計画が進行していたが、サウジアラビアでの感染者は29日時点で1203人となり感染拡大の警戒感は強まっている。

(Via:boxingscenne

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください