ミゲル・ベルチェルがコロナ陽性!バルデス戦は延期

 ESPNデポルテスによれば、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことが分かった。ベルチェルが新型コロナウイルスに感染したことで、12月12日トップランクで進められていたオスカル・バルデス(メキシコ)との指名戦防衛戦は延期となる。

 トップランクは傘下に収めるスーパーフェザー級王者同士の統一戦を目論んでいたもの、ベルチェルのコロナ陽性で大幅に計画が遅れそうだ。同じトップランク傘下のWBO王者ジャメル・ヘリング(米)は、カール・フランプトン(英)とはやければ2020年内、2021年第1四半期を目標に交渉が進められている。

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください