4月米ニューヨーク開催に向け交渉が進められているモーリス・フッカー(米)対レジス・プログレイス(米)戦が合意に近いことが米ESPNシニア・ライター記者のダン・レイフィール氏のレポートでわかった。だが、合意に向け契約体ウェイト、報酬などはまとまっていない。「4月開催で合意した」フッカーを共同プロモートするRNS(ロックネイション・スポーツ)デュバ氏はESPNに話し、143ポンドの契約ウェイトでプログレイス陣営に同意を求めているという。
 
 フッカーをRNSと共同プロモートするマッチルーム・ボクシングは、プログレイスをマネージメントするルー・ディベラ氏にオファーを掲示したが、ディベラ氏は合意に至っていないことを明かしている。4月11日か4月18日が有力で、マッチルームと提携関係にあるDAZN(ダ・ゾーン)の他、Showtime(米ケーブルTV局)が中継に乗り出す構えをみせている。

Sponsor Link

関連記事

プログレイス、フッカー戦にShowtimeが関心を示している

WBSSで活躍したプログレイス、モーリス・フッカー戦の交渉が具体化