モーリス・フッカー(米)が現地時間12月20日、米アリゾナ州フェニックスで、ウリエル・ペレス(メキシコ)と対戦し1回KO勝ちし再起に成功した。フッカーは31戦27勝18KO1敗1KO、ペレスは24戦19勝17KO5敗3KOとした。再起に成功したフッカーは140ポンドでの世界再挑戦を臨んだ。

Sponsor Link

 モーリス・フッカーは、2019年7月27日ホームの米ダラスで、WBC世界スーパーライト級王者ホセ・ラミレス(米)に負けWBO王座陥落してからの再起戦だった。長いジャブを使い、試合開始のゴングからペースを握ったのはフッカーだった。速く鋭いジャブがペレスのガードの隙間を突き刺した。

 ペレスは攻撃のチャンスを伺うも、フッカーは遠く中に入り込むのは難しかった。フッカーはロングからジャブを出し、ペレスのジャブに右クロスを合わせ入り込ませないようにした。フッカーは、オーバーライト・ハンドをコネクト、強打のボディ、右フックを浴びせペレスからダウンを奪った。ペレスは立ち上がったがレフェリー・ストップとなった。

 144ポンド契約ウェイトで再起に成功したモーリス・フッカー(米)は「ジョシュ・テーラーも良いね。ベルトを取り戻せるチャンスがあれば何にでも応じるよ」と一時は147ポンド(ウェルター級)に階級アップを示唆していたが、140ポンド(スーパーライト級)のオプションも視野に入れてるようだ。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

フッカーの関連記事

ラミレスがフッカーを粉砕して2団体を統一!近い将来4団体王座統一戦実現か結果

Sponsor Link