キャンベル対フォルトゥナWBC王座決定戦は入札を回避!

 WBC(世界ボクシング評議会)が命じていたハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)とルーク・キャンベル(英)の指名戦が合意に達したことをWBCマウリシオ・スライマン会長が発表した。現地時間28日にWBC本部があるメキシコで興行権の入札が行われる予定だったが合意に達したことで入札を回避した。

 WBC世界ライト級王座をもつデビン・ヘイニー(米)が肩を故障し長期離脱を余儀なくされることでWBCはヘイニーを休養王者へスライドし王座決定戦設置に動いた。交渉はキャンベルをプロモートするエディ・ハーン氏と対立関係にあるPBCと協調関係にあるサンプソン・ボクシングで難航することが予想されたが何とかまとまったようだ。

(Via:boxing scene

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください