30万ドルの報酬を受取るはずだったネリー。高額報酬が約束された背景には、PBCを取り仕切るアル・ヘイモンとの契約を取り付けたことが大きい。メキシカンということもあり期待値が高かったのだろう。だが、度重なる体重超過で大きな信頼を失ったことは間違いない。

 米EPSN(スポーツ専門チャンネル)によると、ルイス・ネリー(メキシコ)の報酬は30万ドル(約3259万円)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)には7万5000ドル(約814万円)の報酬が支払われる予定だったことが分かった。
 
Sponsor Link

ネリーは1ポンドオーバー

photo by:boxingscene


 ネリーは、はじめから落とす気はなかった。現地時間22日、米ネバダ州ラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで前日計量が行われネリーはバンタム級リミット(118ポンド)を1ポンドオーバー、119ポンドで計量に失敗。ロドリゲスは118ポンドで計量をクリアした。

 コミッションから1時間の猶予が与えられたが、ネリーは再計量を拒否。そして、ネリー陣営は、ロドリゲス陣営に罰金と試合当日の朝に体重増加のリミットをかけることを条件に交渉したが、安全性が担保されないことでロドリゲス陣営は拒否。試合は中止になることが決まった。

 WBC(世界ボクシング評議会)は、ネリーをランクしない意向を示しているがどのような処分になるのか詳細は分かっていない。尚、WBCは、バンタム級指名挑戦者はエマヌエル・ロドリゲスと上位ランカーとなり、WBC世界バンタム級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)は指名戦の前に選択試合となる見通しであることを明かしている。

(Via:boxing scene

Sponsor Link

ネリーの関連記事

ルイス・ネリー対ロドリゲス戦は中止に!その理由は

ルイス・ネリ、ロドリゲス戦1回目の計量で失敗!

ロドリゲス、ルイス・ネリ戦に強気!