ルイス・ネリ、ロドリゲス戦1回目の計量で失敗!

 米国現地時間11月23日米ネバダ州ラスベガス、MGMグランドガーデンアリーナで挙行される前日計量が22日に行われ、ルイス・ネリ(メキシコ)がバンタム級リミット118ポンドを1ポンドオーバーする119ポンドで1回目の計量に失敗した。ネリは現地を管轄するNSAC(ネバダ州アスレチック・コミッション)から2時間の猶予が与えられる。

Sponsor Link

photo by:boxingscene


 対戦相手のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)はリミット118ポンドで計量をクリアした。体重超過の常習犯のネリ。山中との再戦、パヤノ戦での体重超過、バンタム級の身体を作ることは難しくなっている。ここまでバンタム級に固執理由はなんだろうか。何れにせよ、最低でもウェイトを作ることは義務だが、再計量に応じる気配はない。

 そして、同イベントでブランドン・フィゲロアと対戦するフリオ・セハ(メキシコ)がなんと122ポンド(スーパーバンタム級リミット)を大きく上回りフェザー級リミットを超える4.5ポンドオーバーした。

Sponsor Link



コメント

  1. 和田アキ夫 より:

    いい加減に千回!

  2. 高木 より:

    もう、こうなると、体重リミットをそもそもキチンと守る気がないという事ですね。予め決めららているルールを遵守出来ない、しないのであれば、その選手ば失格とすべき。先ずリングに上がる資格はないですね。ネリ及び陣営は、減量が厳し過ぎるなら、ルール遵守出来る階級へ即刻転級すべきかと思います。こんな選手とは間違っても尚弥は戦って欲しく無いですね。ネリは2回目の計量クリア出来たでしょうか❓ 心情的にはロドリゲスに勝つて欲しいですね。

和田アキ夫 へ返信する コメントをキャンセル

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください