井岡一翔、田中恒成2020年大晦日実現か

 一部報道で、WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔と田中恒成が大晦日実現で合意したというビッグ・ニュースが飛び込んできた。本決まりであれば小規模会場ではなく大規模アリーナでの開催となるだろう。

Sponsor Link

井岡対田中戦は不可避な流れだった

 田中がスーパーフライ級に転向しWBO指名挑戦権を獲得。WBO(世界ボクシング機構)も2人の対戦を後押ししていたことで2人の対戦機運は高まっていた。WBOフライ級スーパー王座を手にしていた田中は井岡に最も近いポジションにいる。

 階級転向時にその階級の1位(指名挑戦者)になることは他団体でも稀だが、WBOでは規定でスーパー王者に対し上下階級の指名挑戦権をえられる特権を定めている。つまり、スーパーフライ級転向を表明しWBOフライ級スーパー王座を手にしていた田中は井岡の指名挑戦権を獲得する権利を保持していた。

 井岡は、2019年末にジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)に判定勝ち。WBOの指名試合の期限は9ヶ月で選択試合も可能だったが、新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ・イベント中止が相次ぎ興行を打てる状態ではなかった。

 会場は井岡の本拠地となる大阪、東京開催か。何れにせよ、大晦日開催であれば数週間のうちに発表されるだろう。正式発表を待ちたい。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください