中谷潤人対マグラモのTVはBS日テレ、ジータスが中継

 パンデミック以来、国内では初の世界タイトルマッチが無事挙行されることが決まった。WBO世界フライ級王座決定戦が11月6日、東京・後楽園ホールで同級1位ジーメル・マグラモ(フィリピン)と同級3位中谷潤人によって争われる。試合は日テレジータスが17時45分から、BS日テレが19時から中継。地上波、日テレが深夜3時19分から録画中継する。

 前日計量が6日都内で行われ両選手はクリア。PCR検査も受け陰性だった。国内では11月3日、大阪でパンデミック以来はじめての世界タイトルマッチが挙行される予定だったが、前日に京口紘人と関係者が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し試合は延期となっている。

Sponsor Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください