ジョシュ・テイラーがトップランクと契約!

 スコット・ランドの人気者ジョシュ・テイラー/15戦全勝12KOがTopRank社(米有力プロモーター)と複数戦契約したことを発表した。TopRankはWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)シリーズ2優勝者との契約はWBA・IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥(大橋)に継ぐ2人目の契約となる。

 契約条件の詳細は明らかになってないが、TopRankとジョシュ・テイラーの契約は今後の中量級戦線の鍵を握る重要な契約であることに間違いない。「2019年、大きな年になりましたが、2020年はさらに大きな年になりそうです」とテイラーはコメント。

Sponsor Link

 TopRank社ボブ・アラム氏は「テイラーは世界最高のファイターの1人で、彼は誰であろうとう目の前にいる相手と戦うタフな男だ」とテイラーに期待を寄せ「議論の余地のないスーパーライト級でWBC・WBO統一王者ホセ・ラミレス(米)、WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米)と戦う準備ができている」とはやくもビッグ・ファイトを示唆している。

 TopRank社と契約を発表したテイラーだが、以前プロモート契約していたサイクロン・プロモーションズが「テイラーのプロモート契約はまだ有効だ」と主張。契約したTopRankはこの件についてコメントは避けている。

 テイラーがTopRankと契約したことでボブ・アラム氏が述べているように、今後は中国でビクトル・ポストル(ロシア)戦に臨むWBC・WBO世界スーパーライト級統一王者ホセ・ラミレス(米)が指名戦をクリアすれば、スーパーライト級4団体王座統一戦が基本路線となる。そして、その後TopRankはウェルター級に有望な人材がいないことから勝者とクロフォードをぶつけるシナリオを描いているのだろう。

(Via:ESPN

Sponsor Link

関連記事

井上尚弥が全米ボクシング協会BWAAが選出する年間最優秀選手としてノミネートされた!

Sponsor Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください