井上尚弥、ドネア戦で右目眼窩底骨折していたことが判明

 WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級で優勝した井上尚弥(大橋)は、ツイッターで右目眼窩底骨折していたことを明かした。これは、2回ドネアが放った左フックで負ったもので、手術の必要性はないが絶対安静が必要。鼻も骨折していたとツィートしている。

 井上は、ドネアの左フックで右目上をカットし5針縫い、試合後に眼科に行き検査を受け眼球は異常がなかったと報告していたが、ファンからは眼窩底骨折を心配する声も挙っていた。

 井上は、WBSS決勝でWBA世界バンタム級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦し3−0の判定勝ちでIBF王座を防衛、WBA王座統一に成功した。

Sponsor Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください