モンスターをより高精細な8Kテレビで見てみたい。1日、NHKが57年ぶりにプロ・ボクシング中継を解禁することが分かった。中継するのは対戦するノニト・ドネアも来日し、大きな話題となっている11月7日さいたまスーパーアリーナで行われるWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級決勝、IBF世界バンタム級王者井上尚弥対WBA世界バンタム級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)、12月23日に横浜アリーナで行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチ、村田諒太対スティーブン・バトラー(カナダ)の2試合をNHKが中継する。

Sponsor Link


 NHKは、11月7日午後9時からBS8Kで中継。画素数がフルHDの16倍ある8Kの高精細映像と、22.2チャンネルの立体音響ライブで中継する。8K環境で視聴できるユーザーは限られてくるが、ハイスピード・カメラによる鮮明なスローモーション映像再生は、スポーツにおいて魅力的だ。パンチの当たる瞬間はもちろん躍動する筋肉の動きなども鮮明に捉えることができる。

 NHKは、1953年9月プロ・ボクシングを国内ではじめて中継。白井義男、ファイティング原田らを中継していが、62年2月を最後にボクシング中継から撤退。井上対ドネア戦の中継はおよそ57年ぶりとなる。

 今回、NHKが中継に踏み切ったのは、国内では井上、村田はボクシングの枠を超えたアスリートとして認知され、近年国内で挙行されるボクシング・イベントでは最大級のイベントであることから、地上波で中継するフジテレビと共同で、8Kの超高精細映像と立体音響というハイ・グレードな映像と音でユーザーに届けることを決定。会場には8Kカメラが5台設置される予定だという。

 地上波はフジテレビが生中継、WOWOWが2日遅れて11月9日午後9時から録画放送することが決まっている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link
created by Rinker
¥1,760 (2019/11/15 11:36:32時点 楽天市場調べ-詳細)

井上対ドネアの関連記事

井上対ドネア試合前の海外インタビュー記事

井上対ドネアWBSS決勝はフジテレビが生中継WOWOWが録画放送する

Sponsor Link