TopRank社(米有力プロモーター)ボブ・アラム氏は、新型コロナウイルス(COVIOD-19)の感染拡大の影響を受け3月、4月に北米で予定していた興行を全て延期することを発表。新型コロナウイルスの影響は世界経済に深刻な影響を及ぼすことは間違いない。目の前の需要は急速に減退し従業員は解雇され企業は経済活動の縮小を余儀なくされている。

 公式発表が待たれていた4月25日米ネバダ州ラスベガスにあるマンダレイベイで予定していたWBA・IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥対WBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)戦は延期が決定した。

Sponsor Link

 TopRankボブ・アラム氏は、TVスタジオでの開催を検討していたが延期は濃厚だった。米ネバダ州を統括NSAC(ネバダ州アスレチック・コミッション)は3月25日に今後ネバダ州で予定されているイベントについて協議する方針を示していたが、ラスベガスではストリップ通りに構えるMGMがカジノフロア、宿泊を含め一時的に休業することを決定。急速に感染が拡大する米国で大型イベント自粛は時間の問題だった。

 米国では国家非常事態宣言がだされCDC(米疾病対策センター)が50人を超えるイベント自粛要請を勧告。カリフォルニア州のコミッションは3月中に行われる予定のイベント中止を要請。主催者のGBP(ゴールデンボーイ・プロモーションズ)はイベント延期を発表。東海岸ニューヨークでも500人規模のイベント中止が決定し、北米では事実上イベントを挙行することが不可能となっていた。

 米国でコロナウイルスの感染者が拡大しいつ収束されるのか見通しが立たない状況だ。米BloomBergによると新型コロナウイルスの感染者は4000人を超え、死者は71人にのぼるという。コロナウイルスに関しあれだけ強気だった米トランプ大統領は一転し米景気後退を示唆。完全に弱気モードだ。

 16日、通勤、通学、外食の自粛を求めた。CDCは収束まで8週間と見込んでいるが、ボクシング・イベントが8週間後できるだろうか。イタリアは感染者が3万人に到達する勢いだ。感染者が減ったとしてもヒト・モノ、経済活動を含めいつ正常化できるか不透明感が漂う。

(Via:boxing scene

Sponsor Link

井上対カシメロの関連記事はこちら

井上対カシメロ戦は行われるのかNSACは3月25日方針を決定Part3