新型コロナウイルスの影響で米ラスベガスで3団体王座統一戦を控える井上尚弥対カシメロ戦は延期や中止となる可能性がでてきた。中国で感染が拡大している新型コロナウイルスは世界中に広まり、経済の停滞、実態経済への影響が懸念されている。

 米トランプ大統領は封じ込めは上手くいっていると強調するが、米国での感染者は日に日に増加。感染者数はこれから増える見方が根強い。米国では11人がコロナウイルスで死亡、米カリフォルニア州では感染が広がり4日、カリフォルニア州は州に非常事態宣言をだす事態となった。

Sponsor Link

米国でコロナウイルスは100人以上が感染

 中国で拡大したコロナウイルスに対し、アメリカは楽観視していたが状況は一転している。カリフォルニア州政府によると4日に1人が死亡、53人が陽性反応を示しているという。カリフォルニア州の他、ニューヨーク、ワシントン、フロリダ、ジョージアでも感染者が確認されており、消毒剤やマスクなどの買い占め行為もはじまっているという。現時点で把握できている限り100人以上の感染者がいると見られている。

 今後、米国で感染者が拡大すればスポーツイベントなど人が集まるイベントは延期や中止となる可能性は高くなってくる。中国では、新たな感染者数が減少傾向にあるが、中国が発表するデータは繰り返し修正され、感染の定義も変わっていることから信憑性は薄く、いつコロナウイルスが収束するかの見極めは困難だ。

 各国で入国規制が広まるなか米国は、コロナウイルスが拡大する日本に対し入国禁止措置をとることを示唆している。これは、まだ中国と感染拡大する韓国の入国を規制しない日本への牽制の意味合いもあるが、感染が拡大すれば日本にいるアメリカ人はもちろん、日米関係の経済が停滞する恐れがあるからだ。そして、これを受けようやく日本政府は、中国、韓国の入国を制限することを決めた。

 アメリカが入国禁止措置をとれば日本から米国へ入国することが不可能となる。アメリカはまだ、感染は拡大してないもの、ウォール・ストリート・ジャーナルによればホテルやリゾート地での外国からの観光客は減少し米経済への影響が少しずつでてきているという。井上対カシメロの決戦地、ラスベガスは観光地としても有名で世界各国から観光客が集う。これから、感染者が増えれば日本からの入国を規制しなくてもイベントの延期、中止せざるを得ないだろう。

Sponsor Link

関連記事はこちら

ボクシング興行はコロナウイルスの影響で3月は全て中止や延期に

Sponsor Link