専門家の予想はどうなのか。2019年10月5日米ニューヨークMSGアリーナで行われるIBF世界ミドル級王座決定戦、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)/41戦39勝(35KO)1敗1分セルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)/14戦13勝10KO1敗の勝敗予想を米スポーツ専門チャンネルESPNのアナリストらが予想しているので紹介する。

Sponsor Link

photo credit:boxingscene


ゴロフキン KO
ダン・レイフィール氏 ESPNライター
 ゴロフキンは全盛期を過ぎたかもしれないが、依然として高い破壊力をもっている。デレイビャンチェンコは、素晴らしいファイターだけど中盤ゴロフキンにKOされるだろう。

ゴロフキン TKO
ティモシー・ブラッドリー氏 ESPNアナリスト 元世界王者
 セルゲイはゴロフキン戦への準備が整っている。彼はゴロフキンに対して抵抗する能力がある。だが、ゴロフキンのパワーと多くの経験が彼を凌駕し10回以内に勝敗は決まるだろう。

ゴロフキン TKO
テディ・アトラス氏 ESPNアナリスト
 デレイビャンチェンコは、ジェイコブス戦で善戦して良い戦いをみせたけど、同時にディフェンスに難があることを露呈した。ゴロフキンのストレート、ワイドなパンチが後半に彼を捉えるだろう。

ゴロフキン 3-0判定
ナイジェル・コリンズ氏 ESPNライター
 デレイビャンチェンコは、ゴロフキンと競争力ある戦いにするには十分な相手だが、ゴロフキンを下すには十分な要素を持っていない。ジェイコブスのような接戦にはならない。ゴロフキンは速く破壊的なパンチャーで優れれたボクサーだ。

ゴロフキン TKO7
スティーブ・キム氏 ESPNライター
 デレイビャンチェンコはミドル級ではトップ10の中に入る。この戦いは37歳のゴロフキンがミドル級でどの程度のレベルに位置するのかわかる戦いになる。デレイビャンチェンコは、ゴロフキンにとってやりやすいスタイルだ。捕まえるのも難しくないし優れたモビリティを備えているわけではない。ゴロフキンはジャブでデレイビャンチェンコを崩し7回TKOに持ち込むだろう。

ゴロフキン KO11
エリック・ラスキン氏 Showtime Boxing
 ゴロフキンが衰えているという明確な理由はないが、彼はデレイビャンチェンコより高いレベルにある。問題はゴロフキンがまだ世界クラスの相手をノックアウトできるかということだ。これは、彼が4年間できなかったことです。

ゴロフキン TKO11
バーナード・ピラッティ氏 アナリスト
 ゴロフキンは、新たなトレーナーのジョナサン・バンクス氏とこれまでのスタイルとは違うスタイルに適応している。ゴロフキンは、ロールスとの戦いで小さな変化を見せたが、フィニッシュはこれまで通りの攻撃的なスタイルだった。デレイビャンチェンコに対しても同じことが起こる。序盤はゴロフキンにとって難しいかもしれないが、彼はペースを掌握してデレイビャンチェンコをストップするだろう。

ゴロフキン KO
ホルヘ・エデゥアルド・サンチェス氏 ESPN
 デレイビャンチェンコは、序盤でゴロフキンをトラブルに陥らせることができる経験豊富なファイターだ。ただ、これまで彼のスタイルがゴロフキンほど積極的であるファイターに対して通用したと証明できた相手はいない。

(Via:ESPN

Sponsor Link

関連記事

ゴロフキンKO勝ち予想デレイビャンチェンコ相手に存在感を示せるか

ゴロフキン、デレイビャンチェンコとの王座決定戦が決定!ミドル級最前線シリーズPart7

ジェイコブス対デレイビャンチェンコ戦が合意!ミドル級最前線シリーズ7

Sponsor Link