フロイド・メイウェザーJr.(米)が今秋にも現役復帰するのだろうか。米ボクシングシーンによると、現役復帰が噂されるフロイド・メイウェザーJr.は、2020年秋復帰に向けUFCのカジをきるダナ・ホワイト氏と協力していくことで口頭合意したという。ただ、プロ・ボクシングのリングに復帰する気はなさそうだ。

 メイウェザーが狙うのは巨額の報酬が生み出されるビッグ・ファイトだ。プロ・ボクシング市場には関心がなくUFCのコナー・マクレガー(アイルランド)、ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)との対戦に強い関心を示している。

Sponsor Link

 「コナー・マクレガーや、ハビブとの対戦について協議してきた。彼らとの対戦が実現すれば6億ドル(約631億円)が動く。それだけの価値がある」と強調。「俺はビジネス・マンだ。今のボクシング市場に戻るよりコナー・マクレガーと再戦をするほうが理に適っている」とボクシング復帰には興味がない様子。

 メイウェザーの復帰は5月のシンコ・デ・マヨにセットされる噂があったが現時点で具体化している話が無いところ見ると復帰は計画されていないのだろう。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

メイウェザーの関連記事はこちら

フロイド・メイウェザーJr.2020年現役復帰を宣言!本当なのか