スペンス対ガルシア米リング誌記者の予想!

 ウェルター級トップ戦線第2弾、IBFの他WBCのベルトを獲得したエロール・スペンスJr.(米)がダニー・ガルシア(米)と激突。オッズはスペンス有利だが、アンダードッグのガルシアが番狂わせを起こす可能性もある。今回は、簡単にみどころと米リング誌記者の予想を紹介したい。

Sponsor Link


Sponsor Link

スペンスJr.は以前と同じなのかどうか

 今戦、最大の注目はウェルター級強豪同士がぶつかるという話だけではない。大事故をおこしたスペンスは以前と同じスペンスなのかどうか。フィジカル、メンタルやパワー、スピードを保持しているかどうかだ。もともと、2020年1月にセットされていたがスペンスJr.が事故を起こしたことで延期となっていた。

 スペンスJr.は愛車フェラーリを飲酒運転。高速運転し中央分離帯に激突し車が宙を回り、シートベルトをしてなかったスペンスは車から投げ出される大事故を起こしたが、奇跡的に軽傷で済んでいる。しかし、軽傷のわりにメディアに登場するのが遅く重症説や後遺症説が囁かれたことがあった。

 すでにスペンスの実力は証明済み。ブルックに勝ったスペンスは、ピーターソンを粉砕。パワーの評価が高かったが、マイキー・ガルシア(米)戦で優れたジャブ、距離を使いパワーショットだけでなく戦術面でも高いことを証明。ポーターはブルック戦以降、初めての強豪。厳しい戦いを強いられたが、ポーターのアタックにも負けずタフさを証明。終盤にダウンを奪っている。

Sponsor Link

ダニー・ガルシアは番狂わせを起こせるか

ダニー・ガルシア
身長 173cm
リーチ 174cm

ウェルター級
米リング誌 6位
ESPN 6位

プロ戦績 38戦36勝(21KO)2敗

 一方、ガルシアはキース・サーマン(米)、ショーン・ポーター(米)に判定負けしたが、グラナドス、レドカフに勝ちしぶとくトップ戦線に生き残っている。32歳のガルシアはピークアウトしたのかどうか。

 グラナドスをノックアウトしたが、中堅イバン・レドカフを仕留めることはできなかったのは、評価するにあたりマイナス材料となるが、今戦はPPV(ペイ・パー・ビュー)でこれまでの戦いとは異なる舞台。最高のコンディションに仕上げてくるだろう。

 オッズ有利のスペンスも油断ならない。ガルシアの左フックは強烈だ。貰えばスペンスも持ち堪えられるかどうか。休養明けのスペンスはいつも通り戦えるのかどうか。両者、耐久力がありタフなだけにスペンスも簡単な試合にはならないだろう。

 契約条件はわからないが、スペンスは15ヶ月ぶりのリング。再戦条項が盛り込まれている可能性は充分ある。接戦となり判定であれば、ダイレクト・リマッチがセットされるシナリオは考えられる。

Sponsor Link

スペンス対ガルシア米リング誌記者予想

 結論からいってしまうとスペンス5−2。7人の記者のうちスペンス勝ち予想は5人、残り2人がガルシア勝ちを予想している。一部を紹介する。

スペンス勝ち予想の声

 アンソン・ウェインライト記者は「スペンスは事故前と同じファイターなのか。確信はないけど、彼は充分な休養をとったし、スパーリングもやっている。もちろん、実践でわかることのほうが多い。ただ、スペンスの才能はたしかなものだ。厳しい戦いになるけどスペンスが判定勝ちするとおもう」。

 リー・グローブス記者「ガルシアはウェルター級で優れたファイターだが、スペンスは以前と同じようなファイターなのか。戦いを分けるのはペースだ。ガルシアは過去5試合で1ラウンド72発のパンチを打っている。一方のガルシアは49.5発だ。スペンスが以前と同じであればガルシアは速いペースで戦うことを強いられるかもしれない」。

 マイケル・モンテロ記者「ダニーは140ポンドで偉業を達成したけどウェルター級にあげてからエリート・クラス相手に勝ててない。スペンスは背も高いし才能も豊かだ。最近のPBCで行われたウェルター級戦線と同じような展開と予想。スペンスが勝つけど、スコアは接戦になるだろう」。

ガルシア勝ち予想の声

 マーティ・マーケイ記者「ガルシア勝ちは少数派であることは確かだ。直感だが、ガルシアはスペンスを倒す力があると思う。もちろん、スペンスを倒すことは簡単ではないけど可能性はある。スペンスは事故でリハビリしているし15ヶ月ぶりのリング。ガルシアはスペンスに臆することなく戦うだろう」。

 マイケル・ウッズ記者「車から放り投げされ顔面を裂傷し12ヶ月以上ブランクを開け、錆ることなくウェルター級実力者の相手に勝てるとおもうだろうか。ダニーが3ポイント差で判定勝ちすると思う」。

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください