ナバレッテ、井上尚弥との対戦に意欲的

 WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がフェザー級進出前に井上尚弥(大橋)との対戦に積極的な姿勢を示している。「新型コロナウイルスを乗り越え、井上尚弥がスーパーバンタム級への階級あげるなら彼との戦いは容易だ。だが、いまのところ彼らからコンタクトはない」と井上との対戦に関心を示している。

photo by:boxingscene


 ナバレッテはメキシコ出身の25歳。北米で株をあげたのはスーパーバンタム級で快進撃を続けていたアイザック・ドグボー(ガーナ)と対戦し2戦2勝してからだ。170cm、リーチ183cmと恵まれた体格をもつ。ナバレッテも井上と同じTopRank社と契約しておりマッチメークは容易だ。

 ナバレッテは、地域タイトルを獲得しトップ成績で王座を獲得しTopRank社(米有力プロモーター)と契約したドグボーを撃破。2019年は4試合とハイ・ペースで試合を消化している。

(Via:boxing scene

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください