トップランク、フューリー対ワイルダー再戦日程を変更

 12月19日、米ラスベガスで開催する方向で交渉が進められていたWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英)対デオンテイ・ワイルダー(米)の第3戦目は日程が変更となることが分かった。新たな日程は決まってないが、2020年夏に米ラスベガスに完成したレイダースの本拠地、アレジアント・スタジアムで観客を動員して開催する方向で進められている。

 日程が変更となったのは、12月19日に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で今秋のリーグ開催が遅れていた米カレッジフットボールのカンファレンス決勝戦が行われるからだ。カレッジフットボールは米国ではポピュラーなスポーツ。フューリー対ワイルダー再戦とかぶればPPV(ペイ・パー・ビュー)購買件数に影響を及ぼす。

Sponsor Link

 トップランク社ボブ・アラム氏は「チャンピオンシップとNFLの試合があるため12月19日は除外した」とコメント。新たな日程の明言をさけたもの、ESPN(米スポーツ専門チャンネル)、ワイルダーと契約するPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)と協議。2021年に延期することなく12月に開催する方針であることを示している。

 新型コロナウイルスの影響で50人以上の集会を禁止していた米ネバダ州は10月1日より250人まで規制を緩和。コンサートやスポーツ・イベントなど観客を動員しての開催ができるようになる。新たなガイドラインによると、2500人以上の大きな会場ではガイドラインを定めたうえで申請。承認されれば開催ができるようになる。

Sponsor Link

関連記事はこちら

トップランク、フューリー対ワイルダー再戦を12月19日に計画、開催できるのか


コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください