ワイルダー対フューリー再戦のPPV(ペイ・パー・ビュー)有料課金の北米での購買件数は80万件から85万件に達する見通しであることが米Athletic記者マイク・クッピンガー氏のレポートで分かった。興行を主宰したボブ・アラム氏が掲げた200万件には遠く及ばなかったもの興行的には成功したとみていいだろう。初戦はShowtime(米ケーブルTV局)でPPV配信され32万5000件だった。

 最終的なPPV件数は不明だが85万件となれば、1999年11月に行われたイベンダー・ホリフィールド(米)対レノックス・ルイス(英)再戦の85万件に近い記録となる。そして、ヘビー級では2002年6月マイク・タイソン(米)対レノックス・ルイス(英)以来の快挙。中量級がPPVのメインストリームとなりヘビー級は一時人気は低迷したが、ワイルダー対フューリー再戦がおわり、今後はヘビー級でのビッグ・ファイトの期待感は増しそうだ。

Sponsor Link

ワイルダー対フューリー再戦はゲート収益ではヘビー級首位

 ESPN、FOXが米国で人気の高いスーパーボウルの中継時のCMに挟みプロモーションが大々的に行われたこともあり、ゲート収益(チケット、物販の売上)は米ネバダ州ラスベガスで行われたヘビー級の興行では最高位の1690万ドルを記録。99年ベガスで行われたレノックス・ルイス(英)対イベンダー・ホリフィールド(米)戦の1680万ドルを上回った。

 第一戦のエンディングから再戦のエンディング。全く異なるスタイル、最後だっただけに期待されるのが3部作目だ。ワイルダーは、すでに契約にある再戦条項を行使する方針を示している。契約では30日以内に行使するか決定する必要があり、開催地は決まってないもの、再戦が合意すれば7月頃になるという。

Sponsor Link

ワイルダー対フューリー関連記事

【結果】ワイルダー対フューリー再戦は思わぬ結果に

ワイルダー対フューリー再戦のファイトマネーは?興行収益は2億ドルに到達する見通し

ワイルダーの鼓膜は問題なかった

Sponsor Link