アンドレード次戦は2021年2月ウィリアムズとの指名戦

 対戦相手のダスティ・エルナンデス・ハリソン(米)がコロナ陽性となり12月の試合が中止となったWBO世界ミドル級王者デメトリアス・アンドレード(米)は、次戦年明け2021年2月、リアム・ウィリアムズ(英)が候補に挙がっている。

 アンドレードをプロモートするハーンは、アンドレードの代役を用意することも検討したが、アンドレードがビッグ・ファイトを希望していることで計画を変更。アンドレードは、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)戦を臨んでいるという。

 メジャー路線を目指すアンドレードはリアム・ウィリアムズ(英)との指名戦がかせられ、ハーンは、2021年2月アンドレードの故郷米ロード・アイランド州プロビデンスで開催することを示唆している。

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください