フランプトン対ヘリングは2020秋頃に予定

 北米のボクシングはいつ戻ってくるのだろうか。米TopRank社が仕掛ける予定だったスーパーフェザー級シリーズの開幕は夏か秋頃を計画しているという。WBO世界スーパーフェザー級王者ジャーメル・ヘリング(米)対カール・フランプン(英)戦はフランプトンの母国ベルファストで予定されているが、年内に開催できるだろうか。

 「6月に予定していたけど無理だろうね。夏の終わりか秋頃開催を見ている」。フランプトンをTopRank社と共同プロモートする英国老舗プロモーター、フランク・ウォーレン氏はこう述べ「無観戦試合では予定しないと」強調した。

Sponsor Link

 新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的な流行になり世界中のプロ・ボクシングのイベントは延期。コロナウイルス感染拡大が鈍化せず長期化すればイベントは長期停滞が懸念される。

 英国は、新型コロナウイルス感染拡大の抑止のため外出禁止令が出され都市封鎖されている。4月10日時点で英国の感染者数は6万5000人、死者は7978人となり、感染者、死者の増加ペースは鈍化していない。英国マッチルーム・ボクシングは7月再開を目論んでいるが、現時点で都市封鎖が緩和されていないところを見ると7月に大勢が集まるイベント開催は厳しいと言わざるを得ない。年内に再開できればいいが。

(Via:boxing scene

Sponsor Link

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください