カネロWBA世界ミドル級王座を返上することを発表!

 サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)がWBA世界スーパーミドル級王座を返上することを発表した。カネロのマネージャー・エディ・レイノソ氏は「主戦場をスーパーミドル級に完全に移す」。と宣言した。

Sponsor Link


Sponsor Link

カネロの次戦は

 カネロ陣営は2月母国メキシコで、WBC指名挑戦者ユルドゥルム戦の交渉がスタート。5月、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(米)と2戦、マッチルーム・ボクシング、DAZNと契約に向け協議している。

 カネロ陣営は複数のオプションを示していたが、スーパーミドル級に留まることを宣言。IBF・WBA世界ウェルター級統一王者エロール・スペンスJr.(米)、WBC世界ミドル級王者ジャーモール・チャーロ(米)戦の実現は難しくなったが、チャーロに関してはスーパーミドル級にあげれば可能性はありそうだ。

村田はゴロフキン戦に前進か

 スーパー王者だったカネロが返上したことでWBAセカンダリー王者だった村田諒太は晴れてWBAミドル級王者となる。期待されるIBF世界ミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)戦が実現すれば、WBA・IBF2団体の統一戦となる。

 もちろん、まだ交渉は始まってもないが、>マッチルーム、DAZN(ダ・ゾーン)が日本のボクシング・マーケットに視線を向けていることもあり、日本でメガ・ファイト開催の期待が膨らむ。

Sponsor Link

関連記事

カネロ2021年ユルドゥルム、WBO王者サンダース戦が有力!

DAZNマッチルーム日本進出か!村田諒太のメガファイトを占う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください