カネロ、サンダース戦の合意が間近?!

 カネロは誰と戦うことになるのだろうか。カネロをプロモートするゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)を代表するオスカー・デラ・ホーヤ氏は、米ボクシングシーンのインタビューで「合意が近い」と述べている。
 
 村田諒太(帝拳)との交渉が決裂したカネロは、契約するDAZN(ダ・ゾーン)と提携するマッチルーム・ボクシングに所属するWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英)、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)何れかとの契約が締結する見方が強かったが、まだ合意に至っていない。

Sponsor Link

納得いく報酬をだせるかどうか

photo by:boxingscene


 米Athletic記者のマイク・クッピンガー氏によれば、カネロの有力候補のカラム・スミスとサンダース陣営はGBPからオファーを受けたが成立しなかったという。具体的な条件や報酬などは分かってないが、納得のいく報酬を掲示しなければ合意は難しいだろう。

 これまで、人気・知名度が一致しなければ低報酬でも同意せざるを得なかったが、DAZN(ダ・ゾーン)が北米のボクシング・マーケットに進出後、ボクサーの報酬は以前よりも高騰。GBPは相手陣営が納得いく金額を掲示できるかどうかが契約締結のキーポイントになる。

 報酬が高騰しているのは、DAZNが北米のマーケットに参入した影響で既存勢力のPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)、TopRank(米有力プロモーター)と覇権争いが加熱し競争力が増した影響もある。プロモーターは好カードを組むため有力選手獲得は争奪戦となり、資金を惜しまず投入している。

 なかでもDAZNは莫大な先行投資をしている。カネロはDAZNと10戦で3億6500万ドル(約410億円)で契約を締結。ミドル級でライバルだったゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)は契約金が明らかになってないもの契約金は推定で1億ドル(約112億円)、ストック・オプションの契約を取り付けている。最近ではTopRankと契約するホセ・ラミレス(米)がDAZNから400万ドル(約4億3000万円)のオファーを受け取りDAZNのリングへ上がり、ボクサーの報酬は上昇している。

 カネロは超大型契約を果たしたが交渉では足元を見られ苦戦を強いられている。以前にもカネロをプロモートするGBPのオファーが低かったことで交渉が決裂したケースがある。カネロ対ゴロフキン再戦の交渉でゴロフキン陣営が報酬アップを求め駆け引きはエスカレートし、GBPはダニエル・ジェイコブス(米)にオファーをしたが合意にはいたらなかった。この時の具体的な報酬金額などは明らかとなってないが、オファーは検討する余地もなかったほどひどかったという。

 最近では、セルゲイ・コバレフ(ロシア)戦まえに交渉が進んでいたセルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)との交渉ではGBPは500万ドルを掲示したがデレイビャンチェンコ陣営はオファーを拒否した。もちろん、デレイビャンチェンコ陣営ははじめから報酬を釣り上げるのが目的。交渉では優位な立場だった。

 デレイビャンチェンコ陣営は、カネロをプロモートするGBPとの交渉をできるだけ長引かせた。DAZNはカネロの報酬を減額することでデレイビャチェンコ戦を認める方針を示していたが、デレイビャンチェンコは700万ドルの報酬を求めたことで交渉は中断、IBFの最終期限に間に合わなかったことでカネロの王座は剥奪されることになった。

 交渉は決裂したが勝者はデレイビャンチェンコだった。カネロはIBF王者である以上指名戦が決まらなければ剥奪されるが、デレイビャンチェンコはIBF指名挑戦者の立場。つまり、カネロとの交渉を長引かせ王座剥奪となれば、空位となった王座決定戦に出場することができるのである。しかも、下位は一時はミドル級帝王と呼ばれたゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)だった。

 その後、シナリオ通りIBFが王座決定戦を命じデレイビャンチェンコはゴロフキン戦が合意し520万ドルを手にした。判定負けを喫してしまったがゴロフキンに善戦したデレイビャンチェンコの評価は上昇、今ではIBF、WBCのランキングの上位にランクされ、WBC世界ミドル級王者ジャーモール・チャーロ(米)らへの挑戦も可能。結果的に得たのものは大きかった。

 カネロは、2020年は3試合を予定しているという。これまでゴロフキンとの再戦には拒否する姿勢を貫いていたが、9月メキシコの独立記念日に再戦に前向きな姿勢を示している。そして、交渉が決裂した日本でのメガ・ファイト、村田諒太戦も諦めてない。最新の情報では、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(米)が最有力と伝えられているが誰に決まるのだろうか。

Sponsor Link

カネロの関連記事

カネロがDAZNと3億6500万ドルの超巨額の契約を締結!特集記事!

カネロがコバレフに戦慄KO勝ちカネロの次戦はどうなるのか

村田対カネロ戦の交渉が決裂した理由を探る

カネロがBWAA全米ボクシング記者協会の2019年間最優秀選手賞を受賞!

カネロ、デレイビャンチェンコとの交渉決裂!ミドル級最前線シリーズPart6

Sponsor Link



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください