ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)ロバート・ディアス氏によると、米国現地時間2017年9月15日に、ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランドガーデンで、WBA暫定世界フェザー級タイトルマッチ、クラウディオ・マレオ(ドミニカ共和国)/23戦22勝(16KO)1敗が、同級2位のヘスス・マヌエル・ロペス(プエルトリコ/29戦25勝(18KO)1敗2分1無効試合と初防衛戦を行うことを明らかにした。

 クラウディオ対ロペスは、翌日にラスベガスにあるT-Mobileアリーナで行なわれるミドル級頂上決戦、WBA・WBC・IBF世界ミドル級統一タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)対サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)戦の前夜祭として行なわれ、ESPN2で中継される計画となっている。

 GBPのマッチメーカーを務めるロバート・ディアス氏は「メーン・イベントは、WBA暫定世界フェザー級タイトルマッチ、クラウディオ・マレロが、ロペスを相手に初防衛戦を行うことになる。セミ・ファイナルに、ラシディ・エリス(米)が、ファン・カルロス・アブレウ(ドミニカ共和国)と戦うことになっている」。と述べている。

Sponsor Link

クラウディ・マレロは、2007年リオデジャネイロで行われたパンアメリカン大会にバンタム級で出場し銅メダルを獲得。2007年、2009年には世界選手権に出場している。プロキャリアの1敗は2013年8月23日に、WBA世界フェザー級暫定王座決定戦でヘスス・クエジャール(アルゼンチン)に12回0−3の判定で敗れたもの。

 WBAは、スーパー王者がレオ・サンタ・クルス(メキシコ)、レギュラー王者アブネル・マレス(メキシコ)の2人の王者が君臨。WBAは、サンタ・クルス、マレスは王座統一戦を指令したが、交渉は報酬を巡り難航し決裂している。

 アンダーカードに、GBP所属のプロスペクト、ライアン・ガルシア(米)/10戦全勝9KOが、NABFスーパーバンタム級王座決定戦に出場することが決まっている。尚、ゴロフキン対カネロのHBOで中継されるPPV(ペイ・パー・ビュー)が発表。対戦カードは以下のとおり。

・WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)

・WBC世界フェザー級挑戦者決定戦
同級2位ジョセフ・ディアスJr.(米)
戦績:24戦全勝13KO

同級5位ホルヘ・ララ(メキシコ)
戦績:31戦29勝21KO2分

・ノンタイトル スーパーバンタム級10回戦
ディエゴ・デラホーヤ(メキシコ)
戦績:19戦全勝9KO

ランディ・カバジェロ(米)
戦績:24戦全勝14KO

・ノンタイトル ライト級19回戦
ライアン・マーティン(米)
戦績:19戦全勝11KO

フランシスコ・ロホ(メキシコ)
戦績:22戦20勝13KO2敗

(Via:boxingscene

Sponsor Link

ゴロフキン対カネロの関連記事はこちら

ゴロフキン対カネロ、カネロIBFの当日計量を受けることを表明した!

興行規模では2017年最大級、ゴロフキン対カネロの30日前計量、カネロのIBF(国際ボクシング連盟)の当日計量のニュースをお伝えする。  …

ゴロフキン、カネロ、ブランドン・リオス著名人による予想、シリーズ

米国現地時間2017年9月16日、ネバタ州ラスベガスにあるT-Mobileアリーナで行なわれるWBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦、統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)対サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)の一戦の著名ボクサーのコメントと、カネロvsチャベスJr.戦のゴロフキンのコメントをお届けする。 …

Sponsor Link

ゴロフキン、カネロと再戦が実現しなければスーパーミドル級転向か?!

WBA・WBC・IBF世界ミドル級統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)が近い将来、スーパーミドル級へ階級を上げることを計画していることが分かった。ゴロフキンのトレーナーを務めるサンチェス氏は、カネロに勝ち再戦が行われなかった場合、スーパーミドル級へ階級を上げることを示唆している。 …

ゴロフキン、カネロ、コバレフ著名人による予想、シリーズ

2017年9月16日、米国で行なわれるWBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦、統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)に関する著名人ボクサーのコメントをお届けする。 …