2016年5月7日、東京・後楽園ホールで開催されるダイナミック・グローブで、三浦隆司(帝拳)の復帰戦が決定。対戦相手は未定だが9日から観戦チケットの販売が開始された。チケットの購入はこちらから。

 三浦隆司は、2015年11月、米・ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイで行われたフランシスコ・バルガスに敗れた以来の復帰戦となる。チケットは、リングサイド 10,000円。指定A 8,000円。指定B 6,000円、先着自由席 4,000円となっている。

 「復帰戦が決まって嬉しいです」と語った三浦は、フランシスコ・バルガス戦で課題となったディフェンス面の見直し、スパーリングを中心にトレーニングを行っている。三浦は、バルガス戦をキャリアの中でワースト3に入る出来だったと振り返っている。

Sponsor Link

 フランシスコ・バルガス戦は、米国での評価も高く、米で最も権威あるボクシング専門メディア リングマガジンは、年間最高試合として選出。リングマガジンの他、米・ボクシングメディアESPNも年間最高試合として選出している。

 三浦隆司は、バルガスに敗戦したが、ボクシングの聖地ラスベガスに大きな爪痕を残したことは事実だろう。試合を中継したHBO(米・最大手ケーブルTV局)ピーター・ネルソン氏も、三浦の試合を「素晴らしい試合だった」と評価。

 三浦は、バルガス戦で評価よりも勝利したかったと話している。選手からすれば、結果が欲しいのは勿論だろう。北米の舞台は、結果も重要視されるがファンを魅了できるか?「試合内容」も問われるのが北米のリングでもある。

 米国で高い評価を得た三浦は、復帰戦を勝利すれば、再び北米のリングでスーパーフェザー級トップ戦線に絡んでくる可能性は十分にある。

チケットの購入はこちらから。

(Via: 帝拳