元世界フェザー級統一王者・ユリオルキス・ガンボア(キューバ)が現地時間17日、スペイン、バルロセロナに拠点を置くBBプロモーションズと契約したことがわかった。BBプロモーションズは、スペインに拠点を置くプロモーターで、ユリオルキス・ガンボアが最初に契約した選手となる。

 BBプロモーションズとの契約でスペイン、バルセロナを訪れていたガンボアは、「BBプロモーションズと契約し新たなステージが用意されたことに感謝したい。BBプロモーションズと契約したことで、いくつか重要な試合が実現できると確信している。
 
 私は、BBプロモーションズと上手くやっていけるように感じているよ。将来は、スペイン、バルセロナを拠点に出来ればと考えているんだ。そういった意味で、今回のバルセロナの訪問は私にとって素晴らしい経験となったよ」とBBプロモーションズとの契約に満足した様子だ。

Sponsor Link

 BBプロモーションズ CEO デイビッド・ボガージョ氏は、「我々は、スペインでボクシングの興行を開催し、スペインのプロ・プロボクシング界の活性化に取り組みたいと考えているんだ。我々は長期に渡りボ多くのボクサーと接触してきた。ギレルモ・リゴンドー(キューバ)もその中の1人だよ。

 多くのファイターがいるけど、我々は彼(ガンボア)のキャリアとファンが望んでいるスタイルを持っているガンボアに決定した。我々は、スペインでボクシングを人気の出るメジャーなスポーツにしたいと考えている。それを達成する為に、ガンボアと共に取り組んで行こうと考えている。今後も、ベストなボクサーと契約する為のオファーは続けていくつもりだよ」と今後について語った。

 BBプロモーションズは、今後のガンボアの対戦計画について、スーパーフェザー級で、WBA世界スーパーフェザー級レギュラー王者・ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)、ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)の名を挙げている。

 現在、ニコラス・ウォータースは、WBO世界フェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との対戦交渉が進められているが、ウォータースの報酬、HBO(米・最大手ケーブルTV局)の予算縮小の問題が有り、交渉が難航している。

 フォルトゥナは、PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)の陣頭指揮を執るアル・ヘイモン氏がマネジメントを務め、ニコラス・ウォータースはアル・ヘイモン氏と相反するトップランクがプロモートしている。フォルトゥナはWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(ワタナベ)と次戦以降に再度交渉されることから、BBプロモーションズが、今後、各プロモーターとどのような関係性を築いていくのかも焦点となるだろう。

(Via: ESPN)