アブネル・マレス(メキシコ)とのビッグマッチが消滅し、失望していた元世界王者・フェルナンド・モンティエル(メキシコ)に世界タイトル奪取の機会が到来。フェルナンド・モンティエルは次戦、米国現地時間2016年4月30日、カリフォルニア州カーソンズにあるスタブハブ・センターで、ホルヘ・ララ(メキシコ)と試合を行うことが決定した。

 フェルナンド・モンティエル、ホルヘ・ララの試合は、アル・ヘイモン氏が陣頭指揮を執るプレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)で開催され、FOX Sportsが午後8時(ET時間)より中継。同日メインイベントとして行なわれるアンドレ・ベルトとビクター・オルティスのアンダーで行なわれる。

 アブネル・マレスとのビッグマッチが消滅し、途方に暮れていたモンティエルは、「悪いニュースではない。4月30日ロサンゼルスでホルヘ・ララと対戦するオファーを貰った。それだけではない。私がララに勝利すれば、次戦に世界タイトルマッチをすることが条件付きなんだ。」と語っている。

Sponsor Link

 同レポートによると、フェルナンド・モンティエルが勝利すれば、2016年6月25日に行なわれるWBA世界フェザー級レギュラー王者・ヘスス・クエジャール(アルゼンチン)とアブネル・マレスの勝者か、2016年夏に計画されているWBA世界フェザー級スーパー王者・レオ・サンタ・クルス(メキシコ)とカール・フランプトン(英)の勝者との試合が考えられるという。

 ヘスス・クエジャール、アブネル・マレス、レオ・サンタ・クルス、カール・フランプトンは、PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)の陣頭指揮を執るアル・ヘイモン氏傘下であることからマッチメークは容易。モンティエルが勝利すれば、規定路線と考えていいだろう。

 フェルナンド・モンティエルは、アブネル・マレスとの試合が2016年3月12日に内定していたが、同日興行のメインイベントを務めるWBA世界ウェルター級レギュラー王者・キース・サーマン(米)が怪我により試合が延期。
 
 その後、モンティエル陣営は、アブネル・マレスとの試合日程について、連絡を待つが急遽アブネル・マレスが、WBA世界フェザー級レギュラー王者・ヘスス・クエジャールとの試合が決定。マレスの試合をソーシャル・メディアを通じて知ったモンティエルは憤りを隠せなかったことは言うまでもない。

関連記事:
フェルナンド・モンティエル、マレス戦が急遽中止に!

(Via: boxingscene