ゴールデン・ボーイ・プロモーション(GBP)は現地時間19日、2016年5月7日ネバタ州ラスベガスで行なわれるWBC世界ミドル級タイトルマッチ「カネロvsカーン」の会場として、2016年4月にグランド・オープンする多目的アリーナ「T-Mobile Arena」で開催することを正式に発表した。

 GBPは、NSAC(ネバタ州アスレチック・コミッション)から、カネロ、カーンの開催地としてラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナで興行を行う承認を得ていたが、GBP、MGMリゾーツは1月、会場をMGMグランドから「T-Mobile Arena」へ変更することをNSACに要請。NSACは1月の月例会で、GBP側の申請を承認した。

 GBPオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏は「カネロ、カーンの戦いにおいて、T-Mobileアリーナはベストの会場だった」と述べている。約20,000人を収容できる「T-Mobile Arena」は、主要ホテルが並ぶ大通り「ストリップ」沿いに隣接するニュー・ヨーク・ニュー・ヨークとモンテカルロ・リゾーツがあるエリアに位置し、2016年4月6日に開業する。

 「T-Mobile Arena」は、AEG、MGMリゾーツ・インターナショナルが所有。建設には、世界有数のスポーツ施設や、コンベンション・センターを設計するポピュラス社が担当した。ボクシングの他、UFC、ホッケー、バスケット・ボール、コンサート、授賞式などを開催する多目的ホールとして扱われる。

Sponsor Link

 MGMグランド、マンダレイを運営する、MGMリゾーツ・インターナショナル リチャード・シュトルム氏は、「ラスベガスのT-Mobile Arenaは、世界有数のスポーツ、エンターテイメントが開催されるよう設計されています。カネロ、カーンが行なわれる当日は試合前に、”Toshiba Plaza”で飲食を楽しむことも出来ます。5月に大きなイベントが開催できることを楽しみにしています。」と語っている。

 アリーナ開発社であるAEG、MGMリゾーツ・インターナショナルは、「T-Mobile Arena」に隣接するアウトドア・スペースの名称を「Toshiba Plaza」となることを正式に発表。

 東芝アメリカ・ビジネス・ソリューションズ、コカ・コーラ社は「ファウンディング・パートナー」として複数年契約を締結した。およそ約7000平方メールあるスペースには、授賞式、コンサート、ミュージック・フェスティバル、フード・ショーなど、様々なイベントが開催される。

(Via: boxingscene