パウンド・フォー・パウンド最高位に君臨するWBC世界フライ級王者・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)のマネージャーを務めるカルロス・ブランドン氏によれば、HBO(米・最大手ケーブルTV局)は、近い将来ローマン・ゴンサレスを興行のメインイベントに起用することに興味を示していることが明らかとなった。

 ブランドン氏は、HBOがゴンサレスをメインイベントに起用することに興味を示しているという。北米でプレミア・ケーブルTV局であるHBOが、軽量級の対戦カードをメインイベントに起用することは極めて稀な例だ。北米では、軽量級の試合は軽視されてきた。
 
 ゴンサレスは、HBOピーター・ネルソン氏の働きもありゴンサレスが北米でHBOデビュー。フロイド・メイウェザーJr.引退後、パウンド・フォー・パウンド最高位にランクされ、軽量級選手が再評価されている。ピーター・ネルソン氏、HBOを含め、HBOの非公式ジャッジとして知られるハロルド・レダーマン氏もゴンサレスを絶賛。ゴンサレス含め軽量級ファイターへの注目が集まっている。

Sponsor Link

 ローマン・ゴンサレスは、2015年HBOと契約し2試合を消化。ゴンサレスは、WBA・WBC暫定・IBF世界ミドル級統一王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と共演し、セミ・ファイナルを務めた。HBOデビュー戦となった元世界王者・エドガル・ソーサ(メキシコ)戦では、元王者を序盤で粉砕した。

 10月17日、ニューヨーク、マディソン・スクウェア・ガーデンでは、ブライアン・ビロリアに快勝。米・西海岸、東海岸で多くのボクシング・ファンを魅了し、人気・知名度を得た。ゴンサレスは、2016年4月23日、カリフォルニア州イングルウッドにある「ザ・フォーラム」で、トップアマのマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)を相手に防衛戦を行うことが決まっている。

 ブランドン氏は、HBOにWBA・WBO世界フライ級統一王者・フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との王座統一戦のマッチアップを希望。エストラーダとのマッチメークが決まれば、ゴンサレスのマーケット需要を考えると、アローヨとの試合がゴロフキンとの最後の共演になるかもしれない。

関連記事:
ロマゴン、次戦はゴロフキンと共演しアローヨと防衛戦を行うことが決まった

(Via: boxinscene