WBA世界バンタム級レギュラー王者・ジェイミー・マクドネル(英)は次戦、2016年4月に2度目の防衛戦を行う計画があることが分かった。WBA(世界ボクシング協会)は、先日、ジェイミー・マクドネルと、同級スーパー王者・ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)の両陣に対し、統一戦を行うよう通達していた。

 ジェイミー・マクドネルをプロモートするマッチルーム・プロモーション エディ・ハーン氏は、ファン・カルロス・パヤノとの統一戦前に、2016年4月9日英国、ロンドンにあるO2アリーナで、ジェイミー・マクドネルの4度目の防衛戦を行い、その後、夏頃にファン・カルロス・パヤノと統一戦を行う計画であることを明かした。

 ジェイミー・マクドネルの対戦相手はまだ決まっていない。エディー・ハーン氏と、パヤノのアドバイザーを務める、アル・ヘイモン氏はビジネス・パートナーであることから、交渉が成立する見込みは高いとの見方が強い。

Sponsor Link

 エディ・ハーン氏は、将来的に、IBF世界バンタム級王者・リー・ハスキンス(英)との王座統一戦も視野に入れているという。「我々は、パヤノとの統一戦前に4月O2アリーナで防衛戦を行う計画をしているんだ。我々は、IBF王者・ハスキンスとの統一戦の他、米国からのオファーもいくつかもらっているんだ」と語っている。

 先日、WBA ヒルベルト・メンドサJr.会長は、「各階級の王者は1人とする」と明言。休養王者、暫定王者、レギュラー王者、スーパー王者と王者を乱立したWBAは、急遽、方針を転換。ヘビー級トーナメント開催、各階級の王座統一戦を示唆し、WBA世界バンタム級スーパー王者・ファン・カルロス・パヤノと、同級レギュラー王者・ジェイミー・マクドネルとの統一戦を命じた。

 パヤノ、マクドネルとの統一戦を指示したWBAは、30日、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(ワタナベ)と、同級レギュラー王者・ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)に対し統一戦を指令。両陣営に対戦の交渉をするよう通達している。

関連記事:
WBA方針転換、パヤノ、マクドネルの王座統一戦を指令!
WBA、内山高志、フォルトゥナの王座統一戦を指令!

(Via: boxingscene