TGBプロモーションは、米国現地時間2016年2月27日、カリフォルニア州アナハイムにあるホンダ・センターで、WBC世界スーパーバンタム級王者・フリオ・セハ(メキシコ)と、ウーゴ・ルイス(メキシコ)のダイレクト・リマッチを開催することを正式に発表した。

 ウーゴ・ルイスは、2015年8月29日、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターで、フリオ・セハとWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦を行い、5回TKO負けを喫している。その後、ウーゴ・ルイスをプロモートするサンプソン・リューコイッツ氏は、フリオ・セハとの再戦をWBC(世界ボクシング評議会)へ要請。フリオ・セハとのダイレクト・リマッチ実現へ向け従事していた。

 フリオ・セハ、ウーゴ・ルイスのダイレクト・リマッチは、WBA世界フェザー級スーパー王者・レオ・サンタ・クルス(メキシコ)対、キコ・マルチネス(スペイン)のアンダーカードとして行なわれる。試合は、米ケーブルTV局Showtimeが、「Showtime Champion Boxing」で午後10時(ET時間)から配信する。

Sponsor Link

 再戦が決まった、フリオ・セハは、「サンタ・クルス、マルチネスのカードで、南カリフォルニアでまた試合が出来ることに満足しているよ。ルイスとの初戦は、センセーショナルな勝利を収めた。再戦も勝利することを確信している。2月27日、もうひとつの素晴らしい試合を魅せるよ」と語っている。

 対するウーゴ・ルイスは、「ダイレクト・リマッチが決まって嬉しいよ。再戦の機会を与えてくれた関係者に感謝したい。初戦では、彼に深刻なダメージを与えることが出来た。再戦で勝利できることを確信しているよ」と語っている。

 初戦では、3回にルイスが、左フックでフリオ・セハからダウンを奪い深刻なダメージを与えるも、フリオ・セハが、5回右ストレートからの左フックの返しのカウンターでダウンを奪い返し、フリオ・セハが逆転KO勝ちを収めWBC世界スーパーバンタム級暫定王座獲得に成功している。

関連記事:
サンタ・クルス次戦2016年2月27日キコ・マルチネスとの初防衛戦が正式に決定した

(Via:boxingscene