元3階級制覇王者・アブネル・マレス(メキシコ)の次戦の対戦候補に、元世界王者・フェルナンド・モンティエル(メキシコ)が浮上。フェルナンド・モンティエルは、ESPN Deportesのインタビューで、まだ正式に合意に至ってないが、アブネル・マレスとの交渉が最終段階を迎えていることを明らかにしている。

 マレスとの対戦交渉を明かしたモンティエルは、「今は、チームと最終の確認を待っているところだよ。まだ、試合は決まっていないけど、マレスとの戦いが決まれば、この試合に向けてのモチベーションは非常に高いよ。私は既にトレーニングを始めたところだよ。

 戦いが決まれば、開催日程、場所さえ決まれば、私はそれ以上のことは何も望まない。この試合は、私とマレスとって厳しい戦いになるよ。ただ、プレッシャーはマレス側に掛かるだろうね。

Sponsor Link

 彼は良いボクサーだよ。レオとの試合でも彼は非常に良い戦いをしていた。彼は若いし、強いし速い。ただ、私には多くの経験があるし、訓練されモチベーションも高いファイターだ。上手く行けばマレスを叩くことが出来る。」とESPN Deportesのインタビューで述べている。

 マレス、モンティエルの試合が決まれば、敗者同士の復帰戦。王座返り咲きを目指すマレスにとって、モンティエルとの試合は落とせないことは確実だろう。マレスは、2015年8月レオ・サンタ・クルスと対戦し0−2の判定負けを喫し王座返り咲きに失敗している。

 モンティエルは、2015年10月にIBF世界フェザー級王者・リー・セルビー(英)と対戦し、0−3の判定負けを喫し4階級制覇に失敗している。試合の開催は、3月を目標に交渉が進められている。

関連記事:
アブネル・マレス、ジョニゴンとの再戦が交渉中

(Via: boxingscene)