2016年1月18日〜24日までの世界のボクシング、海外ニュース情報、気になるトピックをまとめました。ボリュームがあるので目次をつけたので気になる記事を御覧ください。

1. 今週の人気記事TOP5

・1位 河野公平、次戦はマカオでレックス・チョーと対戦か?! 4,792 PV

・2位 パッキャオ、ブラッドリー、PPVアンダーカードが決定 4,586 PV

・3位 リゴンドー次戦は2016年3月を予定 4,529 PV

・4位 ゴロフキン、ソーンダースとの統一戦の交渉は決裂 4,070 PV

・5位 ノニト・ドネア次戦は4月23日、ゾルト・ベダックと初防衛戦を行うことが大筋合意した 3,788PV

Sponsor Link

2. 河野公平、次戦はマカオでレックス・チョーと対戦か?!

 WBA世界スーパーフライ級レギュラー王者・河野公平(ワタナベ)は次戦、同級ランキング11位のレックス・チョー(中国)を相手に3度目の防衛戦を行う見通しであることが分かった。13日、河野をプロモートする渡辺プロモーション 渡辺会長は、レックス・チョーとの交渉が最終段階にあると説明。今後、数週間以内に合意を目指す。

記事:河野公平、次戦はマカオでレックス・チョーと対戦か?!

3. パッキャオ、ブラッドリー、PPVアンダーカードが決定

 米国現地時間2016年1月20日、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるビバリーヒルズ・ホテルで、4月9日ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナで行なわれるマニー・パッキャオ(フィリピン)対、ティモシー・ブラッドリー(米)の公式記者会見が開催された。トップランク(米・ボクシング・プロモーター) ボブ・アラム氏は、同興行でHBO(米・最大手ケーブルTV局)がペイ・パー・ビュー(PPV)枠として配信する2試合を発表した。

記事:パッキャオ、ブラッドリー、PPVアンダーカードが決定

4. リゴンドー次戦は2016年3月を予定

 WBA休養王者・ギレルモ・リゴンドー(キューバ)は、2015年11月21日、ドリアン・フランシスコ(フィリピン)を相手に復帰戦で勝利したが、自身のパフォーマンスに満足の行くものでは無かったと語った。リゴンドーは、2016年3月に計画されている次戦へ向けて、チームの再編成を実施。元トレーナーのペドロ・ディアスを再度迎えることを明らかにした。

記事:リゴンドー次戦は2016年3月を予定

5. ゴロフキン、ソーンダースとの統一戦の交渉は決裂

 WBA・WBC暫定・IBF世界ミドル級王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)陣営からのオファーを受け、対戦交渉がされていたWBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)陣営は、次戦ゴロフキン陣営からのオファーを受けないことを明らかにした。

記事:ゴロフキン、ソーンダースとの統一戦の交渉は決裂

6. ノニト・ドネア次戦は4月23日、ゾルト・ベダックと初防衛戦を行うことが大筋合意した

 セサール・フアレス(メキシコ)との激闘を終え、2016年4月23日、初防衛戦を母国フィリピンで控えているWBO世界スーパーバンタム級王者・ノニト・ドネア(フィリピン)は、同級ランキング4位のゾルト・ベダック(ハンガリー)と対戦することが大筋合意したことが明らかとなった。

記事:ノニト・ドネア次戦は4月23日、ゾルト・ベダックと初防衛戦を行うことが大筋合意した

7. 井岡一翔、谷村奈南と結婚、2016年を占う

 17日、WBA世界フライ級レギュラー王者・井岡一翔(井岡)が、かつてから交際が報じられていたグラビア・アイドルで歌手の谷村奈南と真剣交際が実り、お互いに結婚の意思を固めたことが明らかとなった。井岡は、2015年12月31日、フアン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)との再戦で勝利。その後、プロポーズし、谷村も快諾したという。

記事:井岡一翔、谷村奈南と結婚、2016年を占う

8. ゴロフキン、ソーンダース将来的に統一戦は実現するのか?!

2016年内に、ミドル4団体の王座統一を目論むWBA・WBC暫定・IBF世界ミドル級王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)は、WBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)との交渉は決裂した。統一戦の交渉が決裂したが、ゴロフキンをプロモートするK2プロモーションは、将来的にビリー・ジョー・ソーンダースとの統一戦を実現させたい意向を示した。

記事:ゴロフキン、ソーンダース将来的に統一戦は実現するのか?!

9. ゴロフキン、ジョンソンとの指名防衛戦は延期

 WBA・WBC暫定・IBF世界ミドル級統一王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)の次戦の最有力候補であった、IBF世界ミドル級ランキング1位のトリアーノ・ジョンソン(バハマ)が肩を負傷したことが明らかとなった。ゲンナディ・ゴロフキンは、WBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)との交渉が決裂し、トリアーノ・ジョンソンとの指名試合が濃厚だった。
記事:ゴロフキン、ジョンソンとの指名防衛戦は延期

10. サンタ・クルス次戦2016年2月27日キコ・マルチネスとの初防衛戦が正式に決定した

 WBA世界フェザー級スーパー王者・レオ・サンタ・クルス(メキシコ)は次戦、米国現地時間2016年2月27日カリフォルニア州アナハイムにある「ホンダ・センター」で、元IBF世界フェザー級王者・キコ・マルチネス(スペイン)を相手に初防衛戦を行うことが決定した。

記事:サンタ・クルス次戦2016年2月27日キコ・マルチネスとの初防衛戦が正式に決定した

11. ガルシア、ゲレロ、最新情報、次期スターの座をかけた生き残り戦

 「数々の素晴らしいファイターと戦ってきた。この戦いは次期スターになる為の戦いだ」ロバート・ゲレロ(米)戦を控えた、”スウィフト”の異名をもつダニー・ガルシア(米)が試合前のインタビューでそう語った。フロイド・メイウェザーJr.が引退し、強豪が集うウェルター級。ファンはボクシング界を牽引する次なるスター誕生を待ちわびている。

記事:ガルシア、ゲレロ、最新情報、次期スターの座をかけた生き残り戦

12. メイウェザーJr.復帰戦を否定、今後は人材育成へ

 ロッキー・マルシアノに並ぶ49戦49勝無敗のまま引退したフロイド・メイウェザーJr.(米)。いまだ、マニー・パッキャオ(フィリピン)との再戦の噂もたえないが、今後は、自身のメイウェザー・プロモーションズの経営と、若き選手の育成に力を入れると語った。

記事:メイウェザーJr.復帰戦を否定、今後は人材育成へ

13. 今週の主な試合

1/30 モントリオール HBO

・WBA/WBO/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
セルゲイ・コバレフ vs. ジャン・パスカル

・ノンタイトル ウェルター級10回戦
ドミトリー・ミカイレンコ vs. カリム・メイフィールド

1/30 上海

・ノンタイトル フライ級12回戦
ゾウ・シミン vs. ナタン・サンタナ・カウティンホ

・ノンタイトル ミドル級10回戦
村田諒太 vs. ガストン・アレハンドロ・ベガ

14. 今週のWOWOW

休み