トレーニング中に怪我をし次戦が延期となっていたIBF世界ウェルター級王者・ケル・ブルック(英)の復帰戦が、2016年3月26日、ブルックの故郷である英国・シェフィールドで。IBFランキング1位のケビン・ビジェ(カナダ)と対戦することが決定した。

 ケビン・ビジェをプロモートするイボン・ミシェルは、「試合の契約条件については非常に満足している。ケビンは、イングランドへ行きIBF世界ウェルター級のタイトルを持って帰る準備ができている。」とコメントしている。

 ケル・ブルックは次戦、ディエゴ・チャベスと試合をすることが決まっていたが、トレーニング中に助骨を痛め試合が延期。その後、IBF(国際ボクシング連盟)は、ケル・ブルックに対し、同級ランキング1位のケビン・ビジェとの指名防衛戦を命じていた。

Sponsor Link

 エディ・ハーン氏は、IBFから、ブルックの復帰戦はディエゴ・チャベス戦より、ケビン・ビジェとの指名防衛戦を最優先とするよう通達されたと述べている。

 大方の予想どおり、IBFによる入札前にケル・ブルックをプロモートするマッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏と、ビジェをプロモートするイボン・ミシェルとの間で合意に至った。現地時間12日(火)、興行権の入札が行なわれる予定だったが、IBFスポークスマンは、入札をキャンセルすることを米・メディアへ通知していた。

 エディ・ハーン、イボン・ミシェルの2人は、2015年11月にカナダで行われたIBF世界スーパーミドル級タイトルマッチ、王者・ジェームス・デゲール(英)、ルシアン・ビュテ(カナダ)の一戦で一度、契約を交わしておりビジネス・パートナーとして関係性は良好。交渉が纏まる見方が強かった。

 試合は、SkyTV(英国・スポーツ専門チャンネル)が配信。Showtime(米・大手ケーブルTV局)が米国での放映権を獲得する可能性があるが、現時点では米国への配信は未定となっている。

関連記事:
カーン、ブルック2016年6月4日開催へ向け交渉開始

(Via: boxingscene