2015年大晦日、米・ニューヨークのカウント・ダウンを楽しんだアミール・カーン(英)。2016年、実現が期待されるIBF世界ウェルター級王者・ケル・ブルック(英)とのビッグマッチが実現するのだろうか。米・ボクシングメディアは、アミール・カーン、ケル・ブルックの試合が、2016年6月4日、英国、ウェンブリー・スタジアムでの開催を目標に間もなく開始すると報じている。

 ケル・ブルックをプロモートするマッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏は、「私達は、カーンのチームへ、ウェンブリー・スタジアムでの試合開催へ向け提案したんだ。もし戦いを実現する意向があるならば我々は1月から交渉を開始するよ

 ウェンブリー・スタジアムは、予約することが非常に困難な会場なんだ。ブルック、カーンの会場として我々が予約できる日程は、6月4日なんだ」とブルック、カーンのビッグマッチ実現へ意欲を示している。

Sponsor Link

 2015年10月24日イギリスでの故郷シェフィールドで、ディエゴ・チャベスと3度目の防衛戦が決まっていたが、トレーニング中に助骨を負傷し試合は延期となった。IBF(国際ボクシング連盟)は、ケル・ブルックへ、ケビン・ビジェとの指名防衛戦を指令。1月12日に入札が行われ、2月20日アメリカか、カナダでの開催となる見通しとなっている。

 カーンは、フロイド・メイウェザーJr.(米)、マニー・パッキャオ(フィリピン)とのビッグマッチを望むも対戦相手に選ばれなかった。

 2016年、ダニー・ガルシア(米)対ロバート・ゲレロ(米)が決まり、WBA世界ウェルター級レギュラー王者・キース・サーマン(米)対ショーン・ポーター(米)の試合も合意が近いと言われ、ウェルター級のライバル達は生き残りをかけ試合が決まっていく中、カーンはどういった応えを出すのだろうか。

関連記事:
カーン、パッキャオ戦が実現しなければブルックとの試合を望んだ

(Via:boxingscene