”シベリアン・ロッキー”の愛称で知られるルスラン・プロボドニコフ(ロシア)は次戦、マウリシオ・ヘレーラ(米)との再戦する見通しであることが分かった。プロボドニコフをプロモートするバナー・プロモーションズのアーティ・ペルロ氏は、ヘレーラをプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)と会談し対戦について合意したことを明かしている。

 ペルロ氏は、ヘレーラとの試合についてはGBP側と合意済みで、HBO(米・最大手ケーブルTV局)ピーター・ネルソン氏の最終判断を待っているという。「HBOがマッチメイクに依存が無ければ、我々は3月か4月にヘレーラとの再戦を考えている

 我々チームは、ルスランの次戦の対戦候補者をいくつか探していたんだ。対戦候補探しは、簡単ではなかったよ。ルスランは、誰とでも戦う準備が出来ている。ピーター・ネルソン、彼もこの戦いが好きだと言ったけど。我々はまだ、HBOからまだこの試合の確約を得ていないんだ。HBOの合意を得られれば、この戦いが実現できるんだ」と述べている。

Sponsor Link

 ルスラン・プロボドニコフは、2015年4月にルーカス・マティセ(アルゼンチン)と対戦し、0−2の判定負け。2015年11月復帰戦で、ヘスス・プデンシオ・アルバレス・ロドリゲスと対戦し、4回TKO勝利を収めている。

 プロボドニコフは、マティセとの再戦、ブランドン・リオス(米)との試合を望むも敗戦が多いという理由でチャンスを得ることができずにいた。プロボドニコフはHBOとの契約が満了。現在TV局との契約は無くフリーの身であり、HBOのライバル局である”Showtime”は、プロボドニコフとの契約に興味を示している。

 年間最高試合の常連でもあるプロボドニコフは、敗戦こそしているが期待を裏切らないファイトは多くのボクシング・ファンを魅了しマーケットの需要は高い。中継局との契約も気になるが、2016年王座返り咲きを狙いたいのが陣営の本音だろう。

関連記事:
プロボドニコフ、次戦2015年11月7日、ヘスス・アルバレス・ロドリゲスと対戦

(Via: ESPN Boxing