2016年、新しい年が開け、年明けのボクシング・イベントも次々とスケジュールが決まってきそうだ。米・ESPN ダン・レイフィール氏によると、マニー・パッキャオ(フィリピン)の対戦候補から外れたWBO世界スーパーライト級王者・テレンス・クロフォード(米)の次戦は、米国現地時間2016年2月27日、ニューヨークにあるマディソン・スクウェア・ガーデンで開催する見通しであると報じている。

 今週、興行を開催するトップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)は、開催日程について最終確定することが出来た。トップランク、HBO(米・最大手ケーブルTV局)は2月27日の開催を希望したが、既に同日”Star Boxing”がロングアイランドでのボクシング・イベント開催へ向け、ニューヨーク州アスレチック・コミッションへイベント開催への承認を申請していた。

 ニューヨーク州のコミッションの規定では、同日同じ地域で2つのボクシング・イベントを開催することを認めていない。足止めを食ったトップランクは、Star Boxingと開催日について交渉。Star Boxingが、開催日を3月5日にリスケジュールする同意を得る事ができた。同興行には、プエルトリコのプロスペクト、フェリックス・ベルデホの出場が決まっている。

Sponsor Link

 2016年、HBOのペイ・パー・ビュー(PPV)デビューを目論むクロフォードだが、次戦の対戦相手は未定。対戦相手探しに苦労しそうだ。トップランク カール・モレッティ副社長は、元スーパーライト級マウリシオ・ヘレーラ(アメリカ)をプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(CEO)と対戦交渉するも破断になったことを明かしている。

 カール・モレッティ氏は、交渉が破断になった理由として報酬ではなく、ヘレーラ自身がテレンス・クロフォードとの試合を望んでなかったと述べている。モレッティ氏は、ヘレーラは、4月にWBC世界スーパーライト級王者・ビクトル・ポストル(ウクライナ)、ルスラン・プロボドニコフ(ロシア)どちらかの対戦者との試合をするだろうと述べている。

 また、クロフォードの対戦候補者の1人、ヘンリー・ランディー(米)は、2016年2月5日にフランキー・ゴメス(メキシコ)と試合をすることがほぼ確定。トップランク ボブ・アラム氏は、クロフォードの今後について、2016年は最低3試合を予定。2月28日の試合に勝利した後、6月か7月にクロフォードの地元オマハでHBO(PPV)ファイトを行う計画であることを明かしている。

(Via: ESPN Boxing