米・USAトゥデイ(米でポピュラーなメディア)は、2015年間最高試合に11月21日ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・リゾートで行われたWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、三浦隆司(帝拳)対フランシスコ・バルガス(メキシコ)の一戦を選出したことを発表した。

 三浦、バルガス戦は既に、米・イラストレイテッド社も2015年間最高試合として選出。全米ボクシング記者協会(BWAA)も年間最高試合としてノミネートしている。BWAAは2015年間最高試合として、ルーカス・マティセ対ルスラン・プロボドニコフ。マルコ・フック対クリストフ・グロワフスキ。レオ・サンタ・クルス対アブネル・マレス。アンドレイ・フォンファラ対ネイサン・クレバリーの試合をノミネートしている。

Sponsor Link

 USAトゥデイは、UPSET賞(番狂わせ)として、ウラジミール・クリチコ対タイソン・フューリーを選出。三浦、バルガスに次ぐ年間最高試合として、ルーカス・マティセ対ルスラン・プロボドニコフ。マルコ・フック対クリストフ・グロワフスキ。ノニト・ドネア対セサール・フアレスを挙ている。

 三浦隆司、バルガス戦は、ボクシング・ファンの間でも再戦を求める声は大きい。三浦は、既にジムワークを再開。2016年世界王者返り咲きを目指す。対するフランシスコ・バルガスは、初防衛戦を2016年4月か5月に予定。2016年2月に予定されているWBO王者・ロッキー・マルチネス対オルランド・サリドの勝者との統一戦を求めている。

関連記事:
三浦隆司、バルガス戦は年間最高試合に

(Via: USA Today