興行権が「230万円」というあまりにも低額な報酬となり、王座返上を選択した元IBF世界スーパーフライ級王者・ゾラニ・テテ(南アフリカ)が、英国大手ボクシング・プロモーターのフランク・ウォーレーン・プロモーターと契約したことが分かった。2015年12月21日、フランク・ウォーレーン氏は、ゾラニ・テテと契約したことを正式に発表。ゾラニ・テテは、スーパーフライ級を含む3階級制覇を目標に掲げた。

 契約内容の詳細は明らかとなっていないが、長期契約となる見通しとなっている。フランク・ウォーレンと契約を果たしたゾラニ・テテは、「国際的にも有名なウォーレン氏と契約できたことに興奮しているよ。ウォーレン氏と契約したことで無限の可能性を秘めているんだ。

 2016年、当面の目標は、スーパーフライ級王座奪取だけど、その後は、バンタム級、スーパーバンタム級に階級を上げ、複数階級制覇を視野にいれている」と語っている。

Sponsor Link

 フランク・ウォーレン氏は、「ゾラニは、世界のトップレベルのファイターだよ。彼のチームと契約できたことを嬉しく思っている。私は、長きに渡りアズマー・ネルソンのような、偉大なアフリカ人ファイター達をプロモートしてきた。私は、ゾラニが偉大なファイター達と並んでも遜色ないと思っている。2016年は、世界タイトルマッチの機会も直ぐ来ると思うし、大きな計画があるんだ」とゾラニ・テテへの期待感を露わにした。

 ゾラニ・テテは、2015年12月18日、南アフリカ、イースト・ロンドンにあるICCホテルで、空位となっているWBOアフリカスーパーフライ級王座決定戦をジェザー・オリバ(フィリピン)と争い、3−0の判定勝利を収めている。テテは、WBA、WBCのトップコンテンダーとしてランクイン。WBAは、河野公平(ワタナベ)、WBCにはカルロス・クアドラス(帝拳)が君臨している。テテ陣営は、IBF王者・マックジョー・アローヨ(プエルトリコ)、WBO王者・井上尚弥の持つタイトルに照準を合わせているという。
 
 ウォーレン氏との契約一戦目は、英国開催が濃厚。自国での開催以外にも海外で多くの試合経験をもつテテは、「ウォーレン氏と契約したことで次戦は、英国開催となる。試合は、ビッグパッチを毎回振るうよ。英国ファンにスリリングな試合を見せることが待ちきれいないよ」と語っている。

関連記事:
boxingscene

(Via: ESPN Boxing