IBF世界ライト級王座決定戦が、2015年12月8日ラスベガスにあるパームス カジノ リゾートでランセス・バルテレミー(キューバ)とデニス・シャフィコフ(ロシア)の間で争われる。ランセス・バルテレミーは、シャフィコフに勝利すれば、スーパーフェザー級に次ぐ2階級制覇を達成する。

 試合は、アル・ヘイモンが主催する「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)で開催。SpikeTVで午後9時(ET・PT時間)から配信される。前王者ミッキー・ベイ(米)は、シャフィコフとの防衛戦が決まっていたが、報酬に関して納得いかず王座を返上した。

 「ライト級での王座を獲得することは、私のキャリアの上で最も大きな成果だよ。シャフィコフと王座決定戦のチャンスを与えられたんだ。与えられたチャンスを逃さずに掴む必要がある。私の、最終的な目標は複数の階級で王者になることなんだ。

Sponsor Link

 彼は、頑丈だしラフな相手だよ。この試合は厳しい試合になると思う。ただ、彼に勝利することが出来るし準備は完璧だよ。彼は、多くのコンビネーションを放ってくるし、退屈な試合にはならないよ。ファンは多くの打撃戦をみることができると思うよ。」と語っている。

https://www.youtube.com/watch?v=U6eW3jhoRts

 バルテレミーは、2015年6月にアントニオ・デマルコ(メキシコ)とノンタイトル・スーパーライト級で勝利した以来の試合となる。バルテレミーは長いリーチを持ち、パンチはパワフルだ。オフェンスだけでなくディフェンスもショルダー・アタッチ、スウェー、ダッキング、ブロッキングも隙がなくディフェンス能力も高い。デマルコを相手に一蹴したバルテレミー。身体能力も高くスーパーライト級でも通用するだろう。

関連記事:
IBF王座決定戦、バルテレミ、シャフィコフの試合が12月18日変更

(Via: ESPN Boxing