2015年12月11日、ティモシー・ブラッドリー(米)は、プエルトリコで「truTV」の解説を務め、マニー・パッキャオ(フィリピン)のラストファイトの対戦相手の発表を待っていた。パッキャオのラストファイトの対戦候補にティモシー・ブラッドリー(米)が最有力だと報じている米・メディアも有ったが、この日の対戦相手の発表は延期となった。

 ティモシー・ブラッドリーは、パッキャオのラストファイトの候補として浮上しているが、ブラッドリーは、元WBC世界ミドル級王者・ミゲール・コット(プエルトリコ)との試合にも興味を示しているという。コットは、Jay-Z率いるロックネイション・スポーツ(RNS)と3試合50億円の契約をし、残り1試合の契約を残している。

 トップランク(米・ボクシングプロモーター)ボブ・アラム は、ティモシー・ブラッドリーの対戦候補に、コット、カネロの勝者と試合をさせたい意向であることを示していた。プエルトリコにいるブラッドリーは「次戦の対戦相手について交渉しているところだよ。パッキャオ戦になるかは分からない

Sponsor Link

 もし、パッキャオと3度目の戦いが実現するならば、戦略を練った計算高い試合になるだろう。それが彼を倒せる唯一の方法だからね。ミゲール・コットとの試合は全く新しい戦いなんだよ。私はキャリアの中で彼のように大きくて強いファイターとは戦ってきていないからね。

 ミゲール・コットは、常にベストなファイターと戦っている。彼のようなファイターと戦うことが出来れば得られるものも大きい。私は、いつも言っているように、ファイターの偉大さはどれだけリスクの高い戦いを実現したかによって測れると思っているんだ。

 コットは、レジェンドだよ。コットとの試合を、ボブ・アラム、Jay-Zが望み、お互いが歩み寄れば、私は実現が可能だと思うんだ」と語っている。ミゲール・コットは、2016年中頃を予定している。

関連記事:
マニー・パッキャオ、11日の対戦相手発表は中止
ミゲール・コット復帰戦は2016年中頃を予定

(Via: boxingscene