2016年4月9日の試合を最後に現役を引退することを表明したマニー・パッキャオ(フィリピン)のラストファイトの対戦相手の発表は中止されることが分かった。パッキャオは、まだラストファイトの対戦相手を決めていないことが原因だという。

 パッキャオの対戦相手は、2015年12月11日、プエルトリコの首都で開催されるトップランク興行で発表する計画だったが、パッキャオをプロモートするトップランク スポークスマン フレッド・スタンバーグ氏は、11日パッキャオの対戦相手は発表されないことを米・スポーツ専門メディアESPNに通知した。

 フレッド・スタンバーグ氏は、発表が延期した理由として、「マニーがまだ、ラストファイトの対戦相手について決定を下してないんだ。当初、プエルトリコで開催されるトップランク主催の興行で「truTV」」を介してアナウンスする計画だったが、ボブからパッキャオの対戦相手の発表はキャンセルになったことをメディアへ通知するように頼まれたんだ」と語っている。

Sponsor Link

 マニー・パッキャオの対戦候補は、WBO世界ウェルター級王者・ティモシー・ブラッドリー(米)、WBO世界スーパーライト級王者・テレンス・クロフォード(英)、アミール・カーン(英)の3人が候補として挙がっている。トップランク ボブ・アラム氏は、パッキャオの最低報酬金額を20万ドルと述べている。

 ティモシー・ブラッドリーは、パッキャオと2戦しているが、PPV(ペイ・パー・ビュー)購入件数は1戦目は「89万件」、2戦目は「75万件」と購入権数は低下。パッキャオが対戦相手を決めるとされているが、試合を中継するHBO(米・大手ボクシング中継局)の意見も議論され決定されるだろう。

 パッキャオのラストファイトの対戦相手についてHBOの見解は分からないが、「パッキャオ、ブラッドリーⅢ」ではなく、次期スター候補のテレンス・クロフォードとの「新旧対決」がパッキャオのラストファイトに最も適しているように思える。

 興行観点から見れば、アミール・カーンも無視することは出来ないが、カーンはトップランクと相反するアル・ヘイモン傘下の選手。莫大な収益が見込まれ実現した「メイウェザー、パッキャオ」戦は例外。ヘイモン氏がカーンをHBOのリングに上げることを承諾するとは考えにくい。何れにせよ、続報を待ちたい。

関連記事:
パッキャオ、11日にラストファイトの対戦相手が発表か?!

(Via: ESPN Boxing